,

トレック Xキャリバー 7 (2019M)

X-Caliber 7は、クロスカントリーライドやレースを始めたいライダーに最適の入門バイク。軽くて丈夫なアルミフレーム、100mm トラベルのRockShox フォーク、Shimano ドライブトレイン、油圧ディスクブレーキなど、重要な箇所に高度な技術を注いだ高性能ハードテールだ。

こんなあなたに最適

マウンテンバイクを始めたばかりでXC トレイルやレースにぴったりの、価値がいっぱい詰まったバイクが欲しい、フレーム、サスペンション、ブレーキなどのパフォーマンスに大きな差を生むパーツは良いものを使いたい、乗り手と一緒に進化して行けるバイクが欲しいライダーに最適。

主なテクノロジー

X-Caliber 7は軽いAlpha Gold アルミフレーム、100mm トラベルとロックアウト機能を備えたRockShox フォーク、信頼性の高い2×9 Shimano ドライブトレイン、油圧ディスクブレーキ、ホイールの強度を高め、タイヤクリアランスを広げるワイドなBoost141 ハブ規格を採用。ハブは上級グレードのホイールに標準的なサイズで、パフォーマンスを高めたい場合も簡単にホイールをアップグレードできる。

特長

X-Caliber 7は素晴らしい価格のクロスカントリーバイク。内蔵ワイヤリング、テーパードヘッドチューブ、Boost ハブ規格を備え、ドロッパーポストとの互換性もあるなど、上級グレードのバイクと同様のスペックを、アップグレードしやすいフレームに搭載している。

フレームセット

フレーム Alpha Gold Aluminum, tapered head tube, internal derailleur & dropper post routing, rack & kickstand mount, Boost141, G2 Geometry
フロントサスペンション RockShox 30 Silver, coil spring, preload, rebound adjust, TurnKey hydraulic lockout, tapered steerer, G2 Geometry w/51mm offset on 29ers, 100mm travel (13.5: 80mm travel)

ホイール

フロントハブ Formula DC20 alloy
リアハブ Formula DC2241, Boost141
リム Bontrager Connection 32-hole double-walled
タイヤ Bontrager XR2, 29×2.20˝ (13.5 & 15.5: 27.5×2.20˝)

ドライブトレイン

シフター Shimano Acera M3000, 9 speed
フロントディレーラー Shimano Alivio M4020
リアディレイラー Shimano Acera M3000, Shadow
クランク Shimano Acera M3000, 36/22
BB Sealed cartridge, 73mm
カセット(スプロケット) Shimano HG200, 11-36, 9 speed
チェーン KMC X9
ペダル VP-536 nylon platform

コンポーネント

サドル Bontrager Arvada
シートポスト Bontrager alloy, 2-bolt head, 31.6mm, 12mm offset
ハンドルバー Bontrager alloy, 31.8mm, 5mm rise, 720mm width (13.5, 15.5: 690mm width)
グリップ Bontrager XR Trail Comp, nylon lock-on
ステム Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, Blendr compatible
ヘッドセット Semi-integrated, cartridge, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom
ブレーキセット Shimano MT200 hydraulic disc

重量

重量 17.5˝ – 14.02 kg / 30.91 lbs (チューブ付き)
体重制限 このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は300ポンド(136kg)です。

価格

¥92,000(税抜)

関連商品

  1. トレック デュアルスポーツ 4 (2019M)

    ラインアップ中、最高性能を誇るクロスバイク。最も多様な路面を走れる高い能力を備えています。軽いフレーム、2x10 ドライブトレイン、リモートロックアウト機能付きの高品質なフォークにより、オンロードとオフロード両方の冒険を楽しめる究極のクロスバイクとなっています。

  2. トレック マーリン 7 (2019M)

    2019年のマーリン7は、新開発のアルミフレームに、ロックショックス製のフォークにテクトロ製の油圧ディスクブレーキを装備、ワイドなギア比のシマノドライブトレインの組み合せで、自転車通勤など日常的な移動はもちろん、林道を含んだサイクリングに最適です。

  3. トレック ドマーネ SLR6 ディスク (2019M)

    フロントとリアの調整式IsoSpeedを備えたエンデュランスロードバイクであり、地形に合わせて振動吸収量を調整できる。高品質のShimano Ultegra、フラットマウントディスクブレーキ、ワイドタイヤを搭載、軽さを重要視するオールラウンドなバイク。

  4. トレック マドン SLR8 (2019M)

    Madone SLR 8は、一切の妥協を排したカーボンレースバイク。軽く、空力性能と振動吸収性に優れ、高性能ロードバイクの必須項目を全てクリアする。最高レベルの機械式ドライブトレイン、エアロカーボンホイール、フレームの振動吸収性を走る路面に合わせて調整できるトップチューブの調整式IsoSpeedを搭載、全開走行を可能にする作りだ。

  5. トレック ドマーネ AL2 (2019M)

    昨年フルモデルチェンジしたDOMANE AL2は、軽量なアルミフレームに衝撃吸収性を重視したカーボンフォークの組み合せながら、クロスバイク並みの79,000円というお値段で、特に初めてロードバイクをお求めのお客様に人気があります。

  6. トレック ドマーネ SL6 ディスク (2019M)

    速くて快適な高性能ロードバイク。 軽いOCLV カーボンと前後IsoSpeedの振動吸収性の良さを備え、さらにShimano Ultegra フルドライブトレイン、高品質のホイール、あらゆる天候で安心してブレーキングできる油圧ディスクブレーキを採用。

ページ上部へ戻る