, ,

トレック マドン SLR8 (2019M)

Madone SLR 8は、一切の妥協を排したカーボンレースバイク。軽く、空力性能と振動吸収性に優れ、高性能ロードバイクの必須項目を全てクリアする。最高レベルの機械式ドライブトレイン、エアロカーボンホイール、フレームの振動吸収性を走る路面に合わせて調整できるトップチューブの調整式IsoSpeedを搭載、全開走行を可能にするエアロロードです。

こんなあなたに最適

速く走り、勝つのが好きで、さらなる速さを引き出してくれるバイクが欲しいライダーに最適。快適性もアップしたのでロングライドにもおすすめです。

主なテクノロジー

Kammtail Virtual Foil エアロチューブ形状と路面振動を吸収するトップチューブの調整式IsoSpeedを備えた軽い700 Series OCLV カーボンフレーム、KVF フルカーボンフォーク、調整可能なエアロバーとステム、2×11 Shimano Dura-Ace ドライブトレイン、ボントレガー Aeolus Pro 5 チューブレスレディ カーボンホイール、微調整が可能なMadone シートマスト、Madone 一体型エアロブレーキ。

特長

最上級のMadone フレーム、カーボンホイール、Shimano Dura-Ace ドライブトレインがMadone SLR 8で1つになり、驚異的なほどの速さと優れた走りの質を誇るバイクを実現する。

フレームセット

フレーム 700 Series OCLV Carbon, KVF (Kammtail Virtual Foil) tube shape, Madone Adjustable IsoSpeed, Micro-adjust seatmast, tapered head tube, BB90, direct mount rim brakes, invisible cable routing, control center, precision water bottle placement, Aero 3S chain keeper, DuoTrap S compatible
フォーク Madone KVF full carbon, carbon tapered steerer, carbon dropouts, Madone integrated brake

ホイール

ホイール Bontrager Aeolus Pro 5 Tubeless Ready
タイヤ Bontrager R3 Hard-Case Lite, 120 tpi, aramid bead, 700x25c

ドライブトレイン

シフター Shimano Dura-Ace, 11 speed
フロントディレーラー Shimano Dura-Ace, braze-on
リアディレイラー Shimano Dura-Ace
クランク Shimano Dura-Ace, 50/34 (compact)
BB BB90
カセット(スプロケット) Shimano Dura-Ace, 11-28, 11 speed
チェーン Shimano Dura-Ace

コンポーネント

サドル Bontrager Montrose Elite, titanium rails
シートポスト Madone carbon seatpost, 25mm offset w/integrated light mount
ハンドルバー Madone specific adjustable aero VR-CF, internal cable routing
グリップ Bontrager tape
ステム Madone specific internal cable routing
ヘッドセット Madone integrated, stainless cartridge bearings, sealed, 1-3/8˝ top, 1.5˝ bottom
ブレーキセット Madone aero, integrated

重量

重量 56cm – 7.35 kg / 16.2 lbs
体重制限 このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は275ポンド(125kg)です。

価格

¥764,000 – ¥820,000(税抜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. トレック FUEL EX 5 29(2019M)

    最新フルサスペンションマウンテンバイクがお手頃な価格で新登場!フレームは上位モデルと同じアルファプラチナムアルミフレーム。これ1台でトレイルからゲレンデダウンヒルまでこなしてしまうオールラウンドモデル。

  2. トレック FX3 ディスク (2019M)

    TREK(トレック)のクロスバイクと言えば『FXシリーズ』2018年モデルから新登場のディスクブレーキモデルは人気でメーカー在庫が無くなるほどでした。シマノ油圧ディスクブレーキ標準装備。雨の日の自転車通勤には絶対ディスクブレーキがおすすめです。

  3. トレック マドン SL6

    マドン9のフレームをベースにしながら、OCLV500カーボンを使用することでお求めやすいお値段にしたのが、マドンSL6です。もちろんマドン9譲りのエアロ性能、ISOスピードテクノロジーはそのまま受け継がれています。

  4. トレック ドマーネ AL2 (2019M)

    昨年フルモデルチェンジしたDOMANE AL2は、軽量なアルミフレームに衝撃吸収性を重視したカーボンフォークの組み合せながら、クロスバイク並みの79,000円というお値段で、特に初めてロードバイクをお求めのお客様に人気があります。

  5. トレック チェックポイント SL5 (2019M)

    Checkpoint SL 5 は、あらゆる冒険に対応するためのカーボングラベルバイク。Shimano 105 ドライブトレインと油圧ディスクブレーキを装備し、なによりの特徴となるのは、軽量なOCLV カーボンフレームに搭載されたIsoSpeed です。

  6. トレック マドン SLR6ディスク (2019M)

    究極のレースモデルに、路面振動を軽減するトップチューブの調整式IsoSpeedがもたらす次世代のパフォーマンスを搭載。トップチューブ上のスライダーでフレームの振動吸収量を微調整できる機能である。レース仕様のパーツとホイール、油圧ディスクブレーキ、各部を調整できる豊富なオプションを搭載。

ページ上部へ戻る