, ,

トレック FX3 ディスク (2019M)

人気のFX3ディスク 早くも2019年モデルが登場!

TREK(トレック)のクロスバイクと言えば『FXシリーズ』2018年モデルから新登場したディスクブレーキモデルは大好評でメーカー在庫が品切れになるほどでした。そんな事情もあって、早くも2019年モデルが登場。

シマノ油圧ディスクブレーキ標準装備

雨の日でも通勤通学する方には絶対ディスクブレーキがおすすめ。濡れても制動力は変わりません。ディスクブレーキはマウンテンバイクでは当たり前ですが、最近ではロードバイクにも標準装備されるほどスポーツバイクに浸透してきました。軽い力でしっかりと止まれるのはもちろん、ブレーキパッドの寿命も圧倒的に長いです。FX3は、軽量なアルミフレーム、カーボンフォーク仕様で安定性、快適性のバランスが素晴らしいですよ。

フレーム内蔵式センサー『Duo Trap S』

トレックの車体のチェーンステイ内側にはデュオトラップセンサー(別売)が装着できます。デュオトラップとはトレック専用のサイクルコンピュータ用センサーで、フレームに直接埋め込むタイプになっています。BluetoothSMARTとANT+対応となるのでコンピューター本体はボントレガーだけでなくガーミンやスマートフォンなども接続して使用することが可能です。

フレームセット

フレーム FX Alpha Gold Aluminum, DuoTrap S compatible, post mount disc, rack & fender mounts
フォーク FX carbon, post mount disc, lowrider & fender mounts

ホイール

フロントハブ Formula alloy, 6-bolt disc, 12mm thru axle, 32h
リアハブ Formula DC22 alloy
リム Bontrager Tubeless Ready Disc, 32h
タイヤ Bontrager H2 Hard-case Lite, 700x32c

ドライブトレイン

シフター Shimano Acera, 9 speed
フロントディレーラー Shimano Acera
リアディレイラー Shimano Alivio T4000
クランク Shimano Acera M371, 48/36/26 w/chainguard
BB Sealed cartridge
カセット(スプロケット) Shimano HG200, 11-34, 9 speed
チェーン KMC X9
ペダル Bontrager Satellite City

コンポーネント

サドル Bontrager H1
シートポスト Bontrager SSR, 2-bolt head, 27.2mm, 12mm offset
ハンドルバー Bontrager Satellite Plus IsoZone, 31.8mm, 15mm rise
グリップ Bontrager Satellite IsoZone Plus, lock-on, ergonomic
ステム Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
ヘッドセット 1-1/8˝ threadless, sealed cartridge bearings
ブレーキセット Shimano MT-200 hydraulic disc

重量

重量 M – 12.04 kg / 26.54 lbs
体重制限 このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は300ポンド(136kg)です。

価格

標準小売価格: 78,000円(税別)

関連商品

  1. トレック FX3 (2018M) ¥72,000→特価¥64,800(税抜)

    FX 3は、ロードバイクのように速く走れ、シティーバイクの多用途さを持ち、フィットネスバイクの快適さを備えた働き者のクロスバイク。軽いAlpha Gold アルミフレーム、カーボンフォーク、高性能のドライブトレインが、通勤・通学からトレーニングまでの全てに、速さ、多用途さ、信頼性の高さをもたらす。

  2. トレック マドン SLR8 (2019M)

    Madone SLR 8は、一切の妥協を排したカーボンレースバイク。軽く、空力性能と振動吸収性に優れ、高性能ロードバイクの必須項目を全てクリアする。最高レベルの機械式ドライブトレイン、エアロカーボンホイール、フレームの振動吸収性を走る路面に合わせて調整できるトップチューブの調整式IsoSpeedを搭載、全開走行を可能にする作りだ。

  3. トレック チェックポイント ALR4 (2019M)

    TREK(トレック)から新しいジャンル、グラベルロードバイクが新登場!その名も『CHECKPOINT(チェックポイント)』シクロクロスバイク『Boone(ブーン)』や『Crockett(クロケット)』とは全く別物です。トレック史上最高に面白いロードバイクかも。

  4. トレック Xキャリバー 8 (2019M)

    トレイルでロングライドをするためのクロスカントリーバイク。性能に大きな差を生むパーツは慎重にチョイス。Shimano ドライブトレイン、RockShox フォーク、油圧ディスクブレーキは、シングルトラックで速く楽しい冒険をしたいマウンテンバイク初心者やXC レーサー向け。

  5. トレック FX SPORT 4 (2019M)

    FX SPORT 4は、高性能フィットネスバイクの入門モデル。軽量アルミフレーム、20段変速、ディスクブレーキ標準装備などクロスバイクの中でもハイスペックバイク。長距離の通勤・通学やハイスピードのサイクリングを可能にします。

  6. トレック ドマーネ AL2 (2019M)

    昨年フルモデルチェンジしたDOMANE AL2は、軽量なアルミフレームに衝撃吸収性を重視したカーボンフォークの組み合せながら、クロスバイク並みの79,000円というお値段で、特に初めてロードバイクをお求めのお客様に人気があります。

ページ上部へ戻る