, ,

トレック エモンダ ALR5 (2019)

2019年モデルのエモンダALR5は、新設計のアルミフレームを採用。軽量な300シリーズアルファアルミニウムに、溶接跡の目立たないインビジブル・ウェルド・テクノロジー、路面振動を吸収するカーボンフォーク、パワフルなダイレクトマウントのリムブレーキ、ボントレガー Affinity チューブレスレディホイール、正確で信頼できる変速の2×11速 Shimano 105 フルドライブトレインを組み合わせています。

特長

 

液圧成形によるハイドロフォーミング技術で、それぞれのフレームサイズに合わせて性格に成形されたアルミチューブを、高精度で美しい仕上げの溶接技術「インビジブルウェルドテクノロジー」により、設計通りの応力分布を実現。仕上がりはカーボンバイクと間違えるくらい美しいですが、高剛性かつ乗り心地の良い1台になっています。このヘッドチューブからトップチューブにかけての美しさはアルミバイクの粋を遥かに遥かに超えています!

軽量高剛性でありながら、メンテナンス性にも優れるBB86.5を採用しています。シマノ純正クランクをそのまま使うことで変速性能も申し分ありません。後述しますがクランクは新しいシマノ105です。

ブレーキからクランクまでシマノ105コンポーネントをフル搭載!クランクやブレーキはオリジナルや異なるブランドのものを組み合わせる場合も少なくありませんが、エモンダALR5はカセットからチェーンに至るまで、全てシマノ105に統一しています。

新たにダイレクトマウントを採用したキャリパーブレーキ。ディスクブレーキモデルも登場しました!

ブレンダーシステム搭載のステムには、ライトやガーミンなどをスマートにマウントすることができます!

チェーンステー内側には、ワイヤレス(ANT+、ブルートゥース規格)でスピードやケイデンスの情報をサイクルコンピューターに送信する『デュオトラップS』の装着が可能です!

試乗してきました!

TREKWORLD(TREK展示会)で試乗車があったのでガンガン乗ってきましたよ。

まずは「軽い!!」アルミフレームもかなり進化しているのがわかります。

カーボンフレームと言ってもわかりません(笑)それくらい良く出来ています。

新型シマノ105もシフトチェンジが軽く、ブレーキもしっかり止まります。

アルミフレーム特有の硬い感じもアスファルトの上だと全くなく快適。ダンシングにはしっかりと反応するのでヒルクライムもどんどん登っていきます。20万円を切ってこのバイクなら文句なし、かなりお買い得だと思います。

こんな人におすすめ

2台目のロードバイクとしてアルミバイクを検討中の方には間違いなくおすすめです!また予算さえ許せば1台目のロードバイクとしても強くおすすめします。ロングライドからヒルクライム、たまには輪行など、この1台で色々な楽しみ方ができるでしょう。

フレームセット

フレームUltralight 300 Series Alpha Aluminum, Invisible Weld Technology, tapered head tube, BB86.5, direct mount rim brakes, internal cable routing, DuoTrap S compatible
フォークÉmonda carbon, tapered steerer, direct mount rim brakes

ホイール

フロントハブAlloy
リアハブAlloy
リムBontrager Affinity Tubeless Ready
タイヤBontrager R1 Hard-Case Lite, 700x 25c

ドライブトレイン

シフターShimano 105, 11 speed
フロントディレーラーShimano 105, braze-on
リアディレイラーShimano 105
クランクShimano 105, 50/34 (compact)
BBPress Fit BB86.5
カセット(スプロケット)Shimano 105, 11-28, 11 speed
チェーンShimano 105

コンポーネント

サドルBontrager Montrose Comp, chromoly rails
シートポストBontrager alloy, 2-bolt head, 27.2mm, 8mm offset
ハンドルバーBontrager Comp VR-C, 31.8mm
グリップBontrager tape
ステムBontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
ヘッドセットIntegrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom
ブレーキセットShimano 105 direct mount

重量

体重制限このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は275ポンド(125kg)です。

価格

¥172,000(税抜) (完成車)

\121,000(税抜) (フレームセット)

 

関連商品

  1. トレック Madone SLR 6 Disc Speed(マドンSLR6ディスクスピード) (2020M)

    エアロロード、マドンSLRから待望のDHバー標準装備モデルが登場!!エアロポジションがとりやすいDHバーが標準装備したモデルが登場したことにより、タイムトライアル、トライアスロンなどにピッタリの1台です。

  2. トレック Xキャリバー 8 (2019M)

    トレイルでロングライドをするためのクロスカントリーバイク。性能に大きな差を生むパーツは慎重にチョイス。Shimano ドライブトレイン、RockShox フォーク、油圧ディスクブレーキは、シングルトラックで速く楽しい冒険をしたいマウンテンバイク初心者やXC レーサー向け。

  3. トレック エモンダ SL5 (2018M) ¥213,000→SOLD OUT

    軽量なOCLV カーボンフレームに、コストパフォーマンスに優れたシマノ105を組み合わせたカーボンロードです。軽いだけでなく、バランスの良く優れたハンドリングで、起伏の多いコースのツーリング・センチュリーライド、高速のヒルクライムやダウンヒルまで幅広く使える1台です。

  4. トレック マドン SL6

    マドン9のフレームをベースにしながら、OCLV500カーボンを使用することでお求めやすいお値段にしたのが、マドンSL6です。もちろんマドン9譲りのエアロ性能、ISOスピードテクノロジーはそのまま受け継がれています。

  5. トレック エモンダSL6(2019)

    軽量カーボンフレームのエモンダ。シマノアルテグラ仕様。56cmで7.53Kgと超軽量!ヒルクライムはもちろん乗り心地も良いので人気の車種です。価格もこのクラスでは最安値!?

  6. トレック チェックポイント ALR5

    最高のコストパフォーマンスをもつグラベルバイク。舗装路のロングライドも林道もものともしません。特徴的な、調整可能な Strangle Hold ドロップアウト、広大なタイヤクリアランス。さらには多めに設定されたマウントで、あなただけのカスタマイズが可能です。

最近の記事

2019 NEW MODEL

  1. トレック マドン SLR 9 ディスク(2019M)
  2. トレック チェックポイント ALR4 (2019M)
  3. トレック FX3 ディスク(2020M)
  4. トレック MADONE SL 6 DISC(2020M)
  5. トレック チェックポイント ALR5
  6. トレック Madone SLR 6 Disc Speed(マドンSLR6ディスクスピード) (2020M)
  7. トレック ドマーネ SLR6 ディスク (2019M)
  8. トレック Xキャリバー 7 (2019M)
  9. トレック マドン SL6
  10. トレック X-Caliber 8(エクスキャリバー8) (2020M)
  11. トレック FX1 ディスク(2020M)
  12. トレック デュアルスポーツ 3 (2019M)
ページ上部へ戻る