,

トレック チェックポイント ALR4 (2019M)

TREK(トレック)から新しいジャンル、グラベルロードバイクが新登場!!その名も『CHECKPOINT(チェックポイント)』。
今まで似たようなシクロクロスバイク『Boone(ブーン)』や『Crockett(クロケット)』がありましたが、それとは全く別物になります。もしかしたらTREK史上最高に面白いロードバイクだと思います。なぜかと言うとわくわく感が満載です(笑)

まずトリップサイクルに入荷したのは『CHECKPOINT ALR 4』超軽量アルミフレームにシマノTIAGRA仕様のグラベルロードです。
これがまたフレームカラーからなにまですごくカッコいいんです。思わず一目ぼれ。欲しい…。とりあえずこのバイクをチェックしていきます!

スペックとしては、300 シリーズ Alpha アルミ製のフレームにカーボンフォーク、12mmスルーアクスルの組み合せで、幅広いタイヤクリアランスに700x35c Schwalbe G-One タイヤを装備。(45cのタイヤまで装着できます) 調整可能な Strange Hold ドロップアウトにより、ジオメトリーの細かなチューニングもでき、シングルスピード仕様にすることも出来ます。コンポーネントは、10速 Shimano TIagra ドライブトレインに、上り坂で嬉しいワイドなギアレンジの11-34Tのカセット。全天候下で制動力を発揮するフラットマウント油圧ディスクブレーキ、フェンダーとラックマウントを装備しています。

ロードバイクなのに最大700×45Cのタイヤが装着可能です。標準装備はシュワルベ「G-One 35C」が付いてます。これだけでもボリュームあり乗り心地、走破性は高そうですがもっと険しいところを目指す方は45Cがおすすめです。

35C~45Cタイヤであれば舗装している道路だけでなく、砂利道、河川敷、山の中の土の上など走る場所考えずにどこでも行けますね。普通のロードバイクに比べると行動範囲は2倍、3倍、無限大かも。楽しさも比例して無限大?(笑)

ブレーキはもちろんディスクブレーキ。通常のブレーキに比べると重量は少し重くなりますが利点は多いです。どんな状況(雨、泥、砂など)でも一定の制動力。リムブレーキの場合濡れてしまうと滑る現象が発生します。ますます強く握って疲れてしまいますね。軽い力で強力な制動力が得られるので下りやロングライドで発揮。特に手が小さく握力の少ない女性の方などにもディスクブレーキはおすすめです。

フレームセット

フレーム 300 Series Alpha Aluminum, tapered head tube, BB86.5, flat mount disc brakes, Stranglehold dropouts, 12mm thru axle, Control Freak, internal cable routing, 3S chain keeper
フォーク Checkpoint carbon disc, alloy tapered steerer, flat mount disc brakes, rack mounts, hidden fender mounts, 12mm thru axle

ホイール

フロントハブ Bontrager alloy sealed bearing, 12mm alloy axle, centerlock
リアハブ Bontrager alloy sealed bearing, 12mm alloy axle, centerlock
リム Bontrager Tubeless Ready
タイヤ Schwalbe G-One Allround, aramid bead, 700c35c

ドライブトレイン

シフター Shimano RS405, 10 speed
フロントディレーラー Shimano Tiagra
リアディレイラー Shimano Tiagra
クランク Shimano Tiagra, 50/34 (compact)
BB Shimano press-fit
カセット(スプロケット) Shimano Tiagra, 11-34, 10 speed
チェーン KMC X10

コンポーネント

サドル Bontrager Montrose Comp
シートポスト Bontrager Approved, 2-bolt head, 27.2mm, 8mm offset
ハンドルバー Bontrager RL IsoZone VR-CF, 31.8mm
グリップ Bontrager tape
ステム Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
ヘッドセット Integrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom
ブレーキセット Shimano RS505 flat mount hydraulic disc

重量

重量 56cm – 10.12 kg / 22.30 lbs
体重制限 このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は275ポンド(125kg)です。

価格

¥185,000(税抜)

関連商品

  1. トレック ドマーネ SLR6 ディスク (2019M)

    フロントとリアの調整式IsoSpeedを備えたエンデュランスロードバイクであり、地形に合わせて振動吸収量を調整できる。高品質のShimano Ultegra、フラットマウントディスクブレーキ、ワイドタイヤを搭載、軽さを重要視するオールラウンドなバイク。

  2. トレック ドマーネ AL2 (2018M) ¥79,000→特価¥71,100(税抜)

    軽量なアルミフレームに衝撃吸収性を重視したカーボンフォークの組み合せながら、クロスバイク並みの79,000円というお値段で、特に初めてロードバイクをお求めのお客様に人気があります。もちろんトレックのバイクに共通する生涯保証の対象ですので、安心してロードバイクデビューができますね。

  3. トレック Xキャリバー 8 (2019M)

    トレイルでロングライドをするためのクロスカントリーバイク。性能に大きな差を生むパーツは慎重にチョイス。Shimano ドライブトレイン、RockShox フォーク、油圧ディスクブレーキは、シングルトラックで速く楽しい冒険をしたいマウンテンバイク初心者やXC レーサー向け。

  4. トレック エモンダALR5 (2018M) ¥166,000→¥141,100(税抜)

    Émonda ALR 5は、速くて軽く、キビキビ走り、バランスに優れており、まさに高品質アルミバイク本来の形である。信頼性の高いShimano 105 ドライブトレイン、カーボンフォーク、軽量な300 Series Alpha アルミフレームなど、性能を大きく向上させる仕様となっている。

  5. トレック マドン 9.0 H2 ¥510,000→特価¥408,000(税抜)

    Madone 9.0は、他のMadone モデルと同様の空力性能とオールラウンドな走りの質を備えつつ、調整しやすい標準的なステムとエアロバーで価格を抑えたモデル。路面振動を和らげるIsoSpeed、内装ケーブル、速さを体現する流線型フレームなど、究極のレースバイクです。

  6. トレック ドマーネAL3 ¥98,000→特価¥88,200(税抜)

    2018年モデルとして新登場したドマーネALシリーズ。ドマーネAL3は、エンデュランスジオメトリーを採用した軽量なAlpha アルミフレームにドマーネカーボンフォークとシマノソラ(2×9スピード)を組み合わせ、初めてのロードバイクに最適な1台です。

ページ上部へ戻る