, ,

トレック ロスコ8(2019M)¥150,120→SOLD OUT

TREKの2019年モデル数量限定の最新マウンテンバイク。『ROSCOE8』ロスコと呼びますが、シンプルなハードテイルタイプ(前にサスペンションがあって、後ろにはサスペンションが付いていないMTB)。ハードテイルのいいところは本体自体がかなり軽量で、変な癖がないこと。マウンテンバイクが初めての方でも扱いやすく、まず普通に乗れることです。ROSCOE8は入門用としてはトリップサイクルが一押しする最高の1台になります。

1.軽量で丈夫なアルミフレーム

フレームはTREK「Alpha Gold アルミニウム」を使用し軽量で頑丈になっています。車体自体軽いので街乗りから本格トレイルライドまで幅広く使用できます。カラーはマッドスレート。

 

2.今一番トレンドのプラスタイヤを装着

タイヤサイズが流行りの「27.5×2.8」、セミファットタイヤ(プラスタイヤ)。ハードテイルながらもクッション性に優れ、乗り心地もいいです。そこまで太くもないので走行感も軽く、ダートでのグリップ力はかなり良く、初心者でも一番扱いやすいサイズになります。ホイールとタイヤはチューブレス対応しているので、山で本格的乗る方はチューブレス化もおすすめです。チューブレスにするには別途専用バルブと専用のリムテープが必要になります。

 

3.最新機材「SRAM NX Eagle」1×12SPEED

ギア周りも超最新トレンドのSRAM NX Eagle!フロントは30Tのシングルギア。リアはなんと11-50Tの12スピード!私、篠原も愛用していますが登りも楽で、チェーントラブルもないのでおすすめです。

 

4.ドロッパーシートポストが標準装備

なんとこの価格でドロッパーシートポストが標準装備!!ドロッパーシートポストについてはこちらの記事に詳しく書いています↓

便利アイテム『ドロッパーシートポスト』とは何か?からの篠原はロードバイク20年間落車ゼロの話

簡単に言うとドロッパーシートポストは自転車に乗りながら、サドルの高さを手元のレバーで調節できる便利なアイテム。これがあれば山の中でのライドは安全に楽しく乗れるんですよ。最初から装備しているのは嬉しいですね。

 

5.軽量なROCKSHOXのエアータイプサスペンション

荒れたダート道でも、スムーズに走れるサスペンション「ロックショックス Judy Silver Air」搭載。タイヤのボリュームに加えサスペンションもあるのでトレイルや林道などでもショックを吸収し、楽な走行が可能になります。ブレーキはシマノ油圧ブレーキ。ペダルは別売りになるんですが、このままで十分山で遊べる1台です。

価格¥150,120→SOLD OUT

サイズ:18.5のみ

※在庫1台限り。お探しの方はお早めにお願いします。

関連商品

  1. トレック マドン SLR8 (2019M)

    Madone SLR 8は、一切の妥協を排したカーボンレースバイク。軽く、空力性能と振動吸収性に優れ、高性能ロードバイクの必須項目を全てクリアする。最高レベルの機械式ドライブトレイン、エアロカーボンホイール、フレームの振動吸収性を走る路面に合わせて調整できるトップチューブの調整式IsoSpeedを搭載、全開走行を可能にする作りだ。

  2. トレック ドマーネ SLR6 ディスク (2019M)

    フロントとリアの調整式IsoSpeedを備えたエンデュランスロードバイクであり、地形に合わせて振動吸収量を調整できる。高品質のShimano Ultegra、フラットマウントディスクブレーキ、ワイドタイヤを搭載、軽さを重要視するオールラウンドなバイク。

  3. トレック マドン SLR 9 ディスク(2019M)

    Madone SLR 9 Discは、ロードディスクの革命児的存在。ロードバイクにおける高い空力性能、トレック最軽量のOCLV カーボンレイアップ、振動吸収性を調整できるシステム、Shimano Dura-Ace Di2 電動ドライブトレインが、最高のエアロロードバイクを探す旅の終着点となる。

  4. トレック マーリン 7 (2019M)¥75,600→SOLD OUT!

    2019年のマーリン7は、新開発のアルミフレームに、ロックショックス製のフォークにテクトロ製の油圧ディスクブレーキを装備、ワイドなギア比のシマノドライブトレインの組み合せで、自転車通勤など日常的な移動はもちろん、林道を含んだサイクリングに最適です。

  5. トレック FX2 (2019M) ¥61,560→SOLD OUT!!

  6. トレック FX2 ディスク (2019M)

    雨の日でもブレーキの制動力が落ちないディスクブレーキを搭載したクロスバイク。軽量なアルミフレームとアルミフォークに3×8の24段変速。価格も抑えられてコストパフォーマンスの高い1台です。2019年モデルはディスクブレーキシステムが油圧式にグレードアップ。

最近の記事

2019 NEW MODEL

  1. トレック デュアルスポーツ 2 (2020M)
  2. トレック FX3 ディスク (2019M)
  3. トレック EMONDA SL5 DISC(エモンダSL5ディスク) (2020M)
  4. トレック FX1 ディスク(2020M)
  5. トレック FX2 ディスク(2020M)
  6. トレック DOMANE SL 6 ディスク (2019M)
  7. トレック デュアルスポーツ 3 (2020M)
  8. トレック デュアルスポーツ 4 (2020M)
  9. トレック チェックポイント ALR4 (2019M)
  10. トレック ドマーネ SLR6 ディスク (2019M)
  11. トレック エモンダSL6(2020)
  12. トレック FUEL EX 5 29(2019M)
ページ上部へ戻る