, ,

トレック FX3 ディスク(2020M)

トレックのスポーツクロスバイクの定番、FX3ディスクブレーキモデル。フレームが全く新しくなり、ワイヤー類が内蔵式になり見た目もスッキリ、スマートになりました。パーツ構成も前作よりグレードアップし、シマノ油圧ディスクブレーキ標準装備でよりスポーティになりました。通勤や通学だけでなく週末のサイクリングでも快適に楽しむことができます。カラーラインナップも4色で人気のカラーを採用。性能、快適さ、利便性を追求した、万能なクロスバイクです。


■新しくなったワイヤー内装アルミフレーム

ブレーキ、シフトワイヤーをフレームの中を通ることにより、見た目も美しく、スマートになり、直接汚れが付かないので、快適な状態が続きます。トレックAlpha Gold軽量アルミフレーム、フロントフォークは振動吸収性の高いFXカーボンフォークを採用。ハンドル、ステムもアルミを使用することによって、軽量かつサビにも強くなっています。

 

 

■シマノ油圧式ディスクブレーキを搭載したクロスバイク

制動力が高いディスクブレーキ。シマノ油圧式を搭載することによって、レバーの引きが軽くなり、軽い力でスピードコントロールが可能です。長距離、長時間のライドでも握力が必要ないので疲れにくくなり、雨や泥にも強いので、突然の雨でも性能を発揮します。通勤や通学で毎日使用する方にも一押しです。通常のリムブレーキタイプよりパッドの寿命も長いので、ディスクブレーキの方がコストパフォーマンスも高いです。

 

フロントフォークは安全性を高めるクローズエンドに変更された、他の車種で高い評価をいただいているスルースキューを導入。フロントホイールの装着が容易になり、ホイールを取り付けるたびに正しい位置で安全に固定することができます。スポーツバイクが初めての方でも簡単に取扱いできます。

 

 

■Newシマノ2ピースクランク採用でサイクリングも快適

駆動系はシマノ製がメインでフロント2スピード、リア9スピードになり変速性能も高く、クランクは上位モデルを継承したNew2ピースクランクを採用。このクランクを採用したことにより軽量かつ剛性がアップし、軽くて効率に優れ、速く走ることができます。ワンランク上のクロスバイクをお求めの方におすすめです。

 

 

■快適なハンドル、「サテライトプラスIsoZone」

ハンドルは快適性が高い、ボントレガーのサテライトプラスIsoZoneバーを採用。専用のハンドルバーとグリップを使用することにより、路面からの振動を吸収します。長距離、長時間のサイクリングでも手がしびれにくく快適です。

 

 

■走行感が軽く、乗り心地が良いバランスの良いタイヤサイズ

 

タイヤサイズは700×32C、走行性能も高く、クッション性にも優れたバランスの良いタイヤサイズ。耐久性に優れたボントレガーのHard-Caseタイヤはパンクにも強く、砂利道なども走れるので気軽に走行できます。

 

 

■お尻が痛くなりにくいH1サドル

 

スポーツライドに適したH1サドルを採用。クッション性も高く、長時間のサイクリングでもお尻の痛みを軽減します。

 

 

■「DuoTrap S」を内蔵できるフレーム

FXをスマートフォントペアリングさせて「DuoTrap S」センサーを追加すれば、走行データをお気に入りのフィットネスアプリにスピード、距離、時間などデータを取り込めます。サイクルコンピューターも追加することで自転車を乗る楽しみが2倍以上にないります。

 

 

■カスタマイズは無限大

上の写真は1例ですが、雨の日に便利なフル泥除け、リアラックを取り付けてバックや荷物を固定。サイクリングに便利なボトルケージも付けて簡単に素早く水分補給することも可能。標準装備のBlendrステムはライトやサイクルコンピューターを直接ステムに取付けて、スッキリした見た目と使いやすさを両立するシステム。

 

FX3 DISC

カラー:Crystal White、Dnister Black、Purple Flip、Rage Red

価格:¥82,000(税抜)

 

 

関連商品

  1. トレック EMONDA SL5 DISC(エモンダSL5ディスク) (2020M)

    ロードバイク軽量モデル「EMONDA(エモンダ)」シリーズのカーボンフレーム、シマノ105仕様にディスクブレーキモデルが新登場!フォークはフルカーボン製で軽量。さらにフロントブレーキのホースをフロントフォーク内蔵にすることにより、見た目もスッキリ、空気抵抗も減りました。

  2. トレック FX2 ディスク (2019M)

    雨の日でもブレーキの制動力が落ちないディスクブレーキを搭載したクロスバイク。軽量なアルミフレームとアルミフォークに3×8の24段変速。価格も抑えられてコストパフォーマンスの高い1台です。2019年モデルはディスクブレーキシステムが油圧式にグレードアップ。

  3. トレック FX1 (2019M)

    FX 1は、軽量アルミフレームに21段変速を装備したオールマイティクロスバイク。もちろんトレックの生涯保証付き。気軽に家族と一緒に走ったり、通勤・通学にピッタリの1台です。

  4. トレック デュアルスポーツ 4 (2019M)

    ラインアップ中、最高性能を誇るクロスバイク。最も多様な路面を走れる高い能力を備えています。軽いフレーム、2x10 ドライブトレイン、リモートロックアウト機能付きの高品質なフォークにより、オンロードとオフロード両方の冒険を楽しめる究極のクロスバイクとなっています。

  5. トレック FX SPORT 4 (2020M)

    FX SPORT 4は、高性能フィットネスバイクの入門モデル。軽量アルミフレーム、20段変速、ディスクブレーキ標準装備などクロスバイクの中でもハイスペックバイク。長距離の通勤・通学やハイスピードのサイクリングを可能にします。

  6. トレック Madone SLR 6 Disc Speed(マドンSLR6ディスクスピード) (2020M)

    エアロロード、マドンSLRから待望のDHバー標準装備モデルが登場!!エアロポジションがとりやすいDHバーが標準装備したモデルが登場したことにより、タイムトライアル、トライアスロンなどにピッタリの1台です。

ページ上部へ戻る