,

トレック FUEL EX 5 29(2019M)

 

去年までなかったモデルになりますが、このバイクの最大の特徴は最初に言ってしまいますが価格です。

フルサスペンションバイクでなんと¥232,000(税抜)!!

フレームは上位モデルと同じアルファプラチナムアルミフレーム。前後130mmストロークで登りから下りまで楽しめるオールラウンドモデル。店長篠原もこのフレームに乗っていますが、29インチホイールなので登りはどんどん登るし、下りは富士見パノラマでも十分遊べるまさにオールラウンドなマウンテンバイク。

コスト抑えるためにドロッパーシートポストは付いてこないので購入をおすすめします。ドロッパーシートポストは手元のレバーで簡単にサドルを上げたり下げたりできる便利なものです。上げてる時は登りが断然楽になります。下りの時はサドルを下げて体の体重移動をしやすくして前転のリスクを減らします。

ボントレガー『Line Dropper Seatpost』が値段もお手頃で出てています。¥24900(税込)

最新フルサスペンションバイクで山へGO!!

 

・フレームセット

フレーム
Alpha Platinum Aluminum, ABP, Boost148, Knock Block steerer stop, Full Floater, EVO link, tapered head tube, Mino Link, Control Freak internal routing, down tube guard, PF92, ISCG 05, G2 Geometry, 130mm travel
フロントサスペンション
RockShox Recon RL, Solo Air spring, Motion Control damper, tapered steerer, G2 Geometry w/51mm offset, Boost110, 130mm travel
リアサスペンション
RockShox Deluxe RL, 210×52.5mm
  • ホイール

    フロントハブ
    Bontrager Boost110
    リアハブ
    Bontrager sealed bearing alloy axle, Boost148
    リム
    Bontrager Connection 32-hole double-walled
    タイヤ
    Bontrager XR3, 29×2.30˝
  • ドライブトレイン

    シフター
    Shimano Deore M6000, 10 speed
    リアディレイラー
    Shimano Deore M6000, Shadow Plus
    クランク
    Race Face Ride, 30T Cinch (direct mount)
    BB
    PF92
    カセット(スプロケット)
    SunRace, 11-42, 10 speed
    チェーン
    KMC X10
  • コンポーネント

    サドル
    Bontrager Arvada
    シートポスト
    Bontrager alloy, 2-bolt head, 31.6mm, 12mm offset
    ハンドルバー
    Bontrager alloy, 31.8mm, 15mm rise, 720mm width
    グリップ
    Bontrager XR Trail Comp, nylon lock-on
    ステム
    Bontrager Rhythm Comp, 31.8mm clamp, 0 degree
    ヘッドセット
    Knock Block Integrated, sealed cartridge bearing, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom
    ブレーキセット
    Shimano MT200 hydraulic disc

重量:17.5˝ – 14.97 kg / 33 lbs (チューブ付き)

体重制限:このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は300ポンド(136kg)です。

 

TREK FUEL EX 5 29

価格¥232,000(税抜)

関連商品

  1. トレック FX2 ディスク (2019M)

    雨の日でもブレーキの制動力が落ちないディスクブレーキを搭載したクロスバイク。軽量なアルミフレームとアルミフォークに3×8の24段変速。価格も抑えられてコストパフォーマンスの高い1台です。2019年モデルはディスクブレーキシステムが油圧式にグレードアップ。

  2. トレック Xキャリバー 7 (2019M)

    クロスカントリーライドやレースを始めたいライダーに最適の入門バイク。軽くて丈夫なアルミフレーム、100mm トラベルのRockShox フォーク、Shimano ドライブトレイン、油圧ディスクブレーキなど、重要な箇所に高度な技術を注いだ高性能ハードテール。

  3. トレック FX3 ディスク (2019M)

    TREK(トレック)のクロスバイクと言えば『FXシリーズ』2018年モデルから新登場のディスクブレーキモデルは人気でメーカー在庫が無くなるほどでした。シマノ油圧ディスクブレーキ標準装備。雨の日の自転車通勤には絶対ディスクブレーキがおすすめです。

  4. トレック Xキャリバー 8 (2019M)

    トレイルでロングライドをするためのクロスカントリーバイク。性能に大きな差を生むパーツは慎重にチョイス。Shimano ドライブトレイン、RockShox フォーク、油圧ディスクブレーキは、シングルトラックで速く楽しい冒険をしたいマウンテンバイク初心者やXC レーサー向け。

  5. トレック マドン SLR8 (2019M)

    Madone SLR 8は、一切の妥協を排したカーボンレースバイク。軽く、空力性能と振動吸収性に優れ、高性能ロードバイクの必須項目を全てクリアする。最高レベルの機械式ドライブトレイン、エアロカーボンホイール、フレームの振動吸収性を走る路面に合わせて調整できるトップチューブの調整式IsoSpeedを搭載、全開走行を可能にする作りだ。

  6. トレック Roscoe7 (ロスコ7) (2020M)

    メインコンポーネントがSRAM SX 1×12。トレイルライドには現在ベストのギア比ですね。価格もお手頃で初めてのマウンテンバイクから上級者でもこれ1台でどこでも楽しめるロスコ7はトリップサイクル一押しマウンテンバイクです。

ページ上部へ戻る