, ,

トレック DOMANE SL5(ドマーネSL5) (2020M)

2020年モデルのドマーネはフレーム(カーボンモデル)がフルモデルチェンジ。ディスクブレーキは標準装備になり、路面振動を和らげる前後IsoSpeed、エンデュランスジオメトリーで、乗り心地はもちろん走行安定性も良くなり、これ1台でレース、サイクリング、ロングライド、ヒルクライムもこなせて、カスタム次第ではグラベルも行けるオールマイティーロードバイクです。


■前後「IsoSpeed」搭載で荒れた路面でも滑らか

従来と同じ「IsoSpeed」がフロントとリアに装備。フロントは路面からの振動、衝撃を手に伝わりにくくなり、しびれにくくなったり、ハンドリングの安定性にもつながります。

 

同じくリアにもIsoSpeed搭載。荒れた路面でも長時間快適にライドすることが可能です。体への負担も減り、ロングライドの終盤でも集中できます。フレームチューブも一新しエアロ形状になり、空力性能も格段にアップしました。

 

■小物類は全て、フレーム内蔵ストレージへ!!

今回の目玉のひとつ、フレームの中に内蔵されるストレージ、ツールやギアをフレームの内部に収納できるようになりました。ダウンチューブのボトルケージ台座が外れる!?黒いレバーがありますがこれを横に動かすと…

中に専用の細長いストレージバッグが標準装備。これを引き抜くと…

三つ折りになっていて、CO2ヘッド、CO2、タイヤレバー、チューブが収納できるようになっています。部品は別売りなので、自転車購入時にお求めください。サドルバックやツールボトルを持たなくていいので、ぜひ使ってください。ちなみに、ふたを外してその裏には、専用の携帯工具も収納できるようになっています。

 

■新型ドマーネは全てにディスクブレーキ装備

2020年はディスクブレーキの時代になるのは必然ですね。安全性、機能性みてもディスクブレーキはメリットだらけです。ドマーネSL5は全てシマノ105グレードの部品が標準装備。部品を統一することにより変速、ブレーキなど性能はベストの状態です。

ディスクブレーキについてはこちらの記事をご覧ください↓

スポーツバイク、ディスクブレーキのすすめ!ホントに必要なの?

 

 

■広いタイヤクリアランスでグラベルも!?

標準装備のタイヤは700×32Cタイヤ。通常のロードバイクより少し太めで、エアーボリュームがあるので乗り心地は最高です。さらにフレームとのタイヤクリアランスはあるので、35CタイヤやフェンダーをつけてもOK。セミブロックのタイヤをはかせて、グラベルロードも面白いですね。さらに…

これ、グラベルロードのチェックポイントではありません。新型ドマーネSL6です。ドマーネSL5もフレームは全く同じなのでこんなフル装備することも可能です。カスタムも面白いですね。

 

万能ロードバイク、新型ドマーネ初心者おすすめですが、上級者でも欲しくなる1台。

 

トレック ドマーネSL5

カラー:Matte/Gloss Nautical Navy、Rage Red/Trek Black、Purple Flip

価格:¥318,000(税抜)

関連商品

  1. トレック Precaliber 16 Boy’s (2020M)

    軽量なアルミフレームのキッズバイク。軽い仕上がりで、補助輪も標準装備。初めて自転車に挑戦するキッズにおすすめです。また、サドルに内蔵されたハンドルで走るキッズを支えることができ、オプションでライトを取り付けることも可能で安全性も高い。対象年齢4〜5歳、適用身長99〜117cmのお子さんに。

  2. トレック デュアルスポーツ 3 (2020M)

    オフロードも街乗りもこの「TREK DS3」1台でオッケー! オフロードでの快適な走行を可能にしたクロスバイク、DS(デュアルスポーツ)シリーズ。

  3. トレック エモンダ ALR5 (2020M)

    新しいエモンダALR5は、アルミフレームでありながら、カーボンフレームのようなすっきりした見た目、軽さ、驚異のハンドリングを実現!カーボンバイクの見た目とハンドリング性を、アルミバイクの価格帯で実現。カーボンのエモンダと同じジオメトリーを採用。走りの質は全く遜色ありません。

  4. トレック X-Caliber 8(エクスキャリバー8) (2020M)

    全く新しくなったアルミフレームは、チューブ形状の進化だけでなく、すべて内蔵ケーブルルーティングで見た目がスッキリしました。SRAM1×12の「SRAM SX Eagle 12speed」。シンプルでトラブルも少ないフロントシングル仕様。軽快な本格マウンテンバイクをお求めの方は一押しです!

  5. トレック FX1 ディスク(2020M)

    人気のクロスバイクFXシリーズのエントリーモデル、「FX1」。お手頃な価格でありながら、フレームは上位モデルと同じ軽量アルミフレーム。雨にも強いディスクブレーキ仕様になりました。通勤や通学、サイクリングにもおすすめです。

  6. トレック マドン SL6

    マドン9のフレームをベースにしながら、OCLV500カーボンを使用することでお求めやすいお値段にしたのが、マドンSL6です。もちろんマドン9譲りのエアロ性能、ISOスピードテクノロジーはそのまま受け継がれています。

最近の記事

2019 NEW MODEL

  1. トレック デュアルスポーツ 2 (2020M)
  2. トレック Madone SLR 6 Disc Speed(マドンSLR6ディスクスピード) (2020M)
  3. トレック チェックポイント SL5 (2019M)
  4. トレック EMONDA SL5 DISC(エモンダSL5ディスク) (2020M)
  5. トレック Xキャリバー 7 (2019M)
  6. トレック デュアルスポーツ 4 (2020M)
  7. トレック エモンダSL6(2020)
  8. トレック エモンダ ALR5 ディスク (2019)
  9. トレック ドマーネ AL3 (2020M)
  10. トレック マドン SLR 9 ディスク(2019M)
  11. トレック チェックポイント ALR5
  12. トレック マドン SL6
ページ上部へ戻る