,

トレック Checkpoint ALR 5(チェックポイント)(2021M)

ここ最近一気に人気に火が付いたグラベルロード。トレックのチェックポイントはオールロードバイクとして、オンロード(舗装路)からグラベルロード(砂利道)など幅広い用途で人気があります。走破性が高く、万能なチェックポイントの2021年モデルが早くも登場です。チェックポイントALR5はシマノのグラベル専用パーツ「GXP」を装備した、軽量アルミフレームモデルとして、コストパフォーマンスの高いグラベルロードです。

 

フレームはトレック最軽量アルミ300シリーズアルファアルミを使用。軽量かつグラベルでも耐えられる耐久性も持っています。そしてラック、フェンダー、ボトルケージなど様々なカスタムが出来るようダボ穴も多数あり。小さいテントを積んでバイクパッキング、アドベンチャーも良し。普段の通勤などでも面白いと思います。

 

 

グラベル、オフロードに特化したシマノGRX 2×11スピード装備で快適に、そして安心感が増しました!

 

 

タイヤは700×40Cが標準装備。(最大700×45Cまで)タイヤのブロックがセミスリックになっているので、オンロードでも走行感は軽く、オフロードでもしっかりグリップするようになっています。

 

TREK Checkpoint ALR 5 ¥250,800(税込)

カラー:Teal

 

関連商品

  1. トレック エモンダALR 5 DISC (2022M)

    軽くて乗りやすいロードバイクだけでなく見た目もこだわりました。初めてロードバイクを購入する方にはピッタリの1台。

  2. トレック チェックポイント AL3 (2020M)

    Checkpoint AL 3は、グラベルラインの中で入門モデルの位置づけかもしれないが、軽いアルミフレーム、Shimano ドライブトレイン、前後スルーアクスル、チューブレスレディホイール、あらゆる天候で高い制動力を誇るディスクブレーキなど、初めての方やベテランのグラベルグラインダーに最適な特徴で満載だ。

  3. トレック DOMANE SL5(ドマーネSL5) (2021M)

    2020年モデルのドマーネはフレーム(カーボンモデル)がフルモデルチェンジ。エンデュランスジオメトリーで、乗り心地はもちろん走行安定性も良くなり、これ1台でレース、サイクリング、ロングライド、ヒルクライムもこなせて、カスタム次第ではグラベルも行けるオールマイティーロードバイクです。

  4. トレック チェックポイントAL4(2019M)¥150,120→SOLD OUT

  5. トレック EMONDA(エモンダ) SL 5 DISC (2022M)

    軽くて空力に優れた EMONDA SL5 はヒルクライムだけでなく、起伏の多いロングライド、風の強い平坦路などでも力を発揮します。コストパフォーマンスが高いので、アルミロードバイクからのアップグレード、ヒルクライムレースに参加してみたい方にはおすすめの1台

  6. トレック Precaliber 24 8Speed Boy’s (2021M)

    本格Jrマウンテンバイク。軽量フレームに、フロントサスペンション、8段変速、小さい手にレバーのサイズを合わせたハンドブレーキなど、高品質のパーツを搭載する。対象年齢9〜11歳、適用身長130〜150cm(目安)のお子さんに。

ページ上部へ戻る