, ,

トレック エモンダSL6(2019)

軽量で乗り心地も良くバランスのとれた1台

軽量モデルカテゴリーの『EMONDA(エモンダ)』シリーズ。

フレームは軽量性とほどよい剛性で乗り心地も良いウルトラライト500シリーズOCLVカーボンを使用。

シマノアルテグラ仕様で人気車種の1台。

重量は56cmで7.53Kgとかなり軽量。

ヒルクライムは絶対有利になりますが、ロングライドや週末のサイクリングにもおすすめです。

価格もこのクラスでは破格の低価格。

価格

¥312,000(税抜)  (完成車)

¥175,000(税抜)  (フレームセット)

関連商品

  1. トレック ドマーネ AL2 (2018M) ¥79,000→特価¥71,100(税抜)

    軽量なアルミフレームに衝撃吸収性を重視したカーボンフォークの組み合せながら、クロスバイク並みの79,000円というお値段で、特に初めてロードバイクをお求めのお客様に人気があります。もちろんトレックのバイクに共通する生涯保証の対象ですので、安心してロードバイクデビューができますね。

  2. トレック マドン SL6

    マドン9のフレームをベースにしながら、OCLV500カーボンを使用することでお求めやすいお値段にしたのが、マドンSL6です。もちろんマドン9譲りのエアロ性能、ISOスピードテクノロジーはそのまま受け継がれています。

  3. トレック デュアルスポーツ 4 (2019M)

    ラインアップ中、最高性能を誇るクロスバイク。最も多様な路面を走れる高い能力を備えています。軽いフレーム、2x10 ドライブトレイン、リモートロックアウト機能付きの高品質なフォークにより、オンロードとオフロード両方の冒険を楽しめる究極のクロスバイクとなっています。

  4. トレック マーリン 7 (2019M)

    2019年のマーリン7は、新開発のアルミフレームに、ロックショックス製のフォークにテクトロ製の油圧ディスクブレーキを装備、ワイドなギア比のシマノドライブトレインの組み合せで、自転車通勤など日常的な移動はもちろん、林道を含んだサイクリングに最適です。

  5. トレック FX3 ディスク (2019M)

    TREK(トレック)のクロスバイクと言えば『FXシリーズ』2018年モデルから新登場のディスクブレーキモデルは人気でメーカー在庫が無くなるほどでした。シマノ油圧ディスクブレーキ標準装備。雨の日の自転車通勤には絶対ディスクブレーキがおすすめです。

  6. トレック FUEL EX 5 29(2019M)

    最新フルサスペンションマウンテンバイクがお手頃な価格で新登場!フレームは上位モデルと同じアルファプラチナムアルミフレーム。これ1台でトレイルからゲレンデダウンヒルまでこなしてしまうオールラウンドモデル。

ページ上部へ戻る