, ,

トレック エモンダSL6(2020)

軽量で乗り心地も良くバランスのとれた1台

軽量モデルカテゴリーの『EMONDA(エモンダ)』シリーズ。リムブレーキの人気車種のひとつ。

フレームは軽量性とほどよい剛性で乗り心地も良いウルトラライト500シリーズOCLVカーボンを使用。

変速、ドライブトレインは全てシマノアルテグラ仕様。

重量は56cmで7.53Kgとかなり軽量。

ヒルクライムは絶対有利になりますが、ロングライドや週末のサイクリングにもおすすめです。

価格もこのクラスでは破格の低価格。

価格

¥330,000(税抜)  (完成車)

関連商品

  1. トレック Roscoe7 (ロスコ7) (2020M)

    メインコンポーネントがSRAM SX 1×12。トレイルライドには現在ベストのギア比ですね。価格もお手頃で初めてのマウンテンバイクから上級者でもこれ1台でどこでも楽しめるロスコ7はトリップサイクル一押しマウンテンバイクです。

  2. トレック MADONE SL 6 DISC(2020M)

    MADONE SL 6 DISCは上位グレードのMADONE SLRと全く同じエアロ性能を持ちつつも、オールラウンドで活躍できる性能を持ち合わせています。フレームはトレック「500 Series OCLV カーボン」を使用することで、コストパフォーマンスの高い乗り心地の良いエアロロード。レースからトライアスロン、ロングライドにもおすすめ。

  3. トレック ドマーネ AL3 (2020M)

    Domane AL 3は、スムーズで安定性に優れ、走りに自信を与えるバイク。初心者や、多才なアルミロードにアップグレードして快適に走りたいライダーに最適。高品質のパーツなら、高速の集団走行に参加し、荒れた道をさまよう冒険にも挑むことができます。

  4. トレック マドン SLR 9 ディスク(2019M)

    Madone SLR 9 Discは、ロードディスクの革命児的存在。ロードバイクにおける高い空力性能、トレック最軽量のOCLV カーボンレイアップ、振動吸収性を調整できるシステム、Shimano Dura-Ace Di2 電動ドライブトレインが、最高のエアロロードバイクを探す旅の終着点となる。

  5. トレック X-Caliber 8(エクスキャリバー8) (2020M)

    全く新しくなったアルミフレームは、チューブ形状の進化だけでなく、すべて内蔵ケーブルルーティングで見た目がスッキリしました。SRAM1×12の「SRAM SX Eagle 12speed」。シンプルでトラブルも少ないフロントシングル仕様。軽快な本格マウンテンバイクをお求めの方は一押しです!

  6. トレック デュアルスポーツ 4 (2020M)

    ラインアップ中、最高性能を誇るクロスバイク。最も多様な路面を走れる高い能力を備えています。軽いフレーム、2x10 ドライブトレイン、リモートロックアウト機能付きの高品質なフォークにより、オンロードとオフロード両方の冒険を楽しめる究極のクロスバイクとなっています。

最近の記事

2019 NEW MODEL

  1. トレック マドン SL6
  2. トレック X-Caliber 8(エクスキャリバー8) (2020M)
  3. トレック デュアルスポーツ 3 (2020M)
  4. トレック FX1 ディスク(2020M)
  5. トレック マドン SLR 9 ディスク(2019M)
  6. トレック マーリン 7 (2019M)¥75,600→SOLD OUT!
  7. トレック ドマーネ AL3 (2020M)
  8. トレック Checkpoint SL 5(チェックポイント)(2021M)
  9. トレック マドン SLR8 (2019M)
  10. トレック FX2 ディスク (2019M)
  11. トレック EMONDA SL5 DISC(エモンダSL5ディスク) (2020M)
  12. トレック エモンダSL6(2020)
ページ上部へ戻る