, ,

トレック エモンダSL6(2019)

軽量で乗り心地も良くバランスのとれた1台

軽量モデルカテゴリーの『EMONDA(エモンダ)』シリーズ。

フレームは軽量性とほどよい剛性で乗り心地も良いウルトラライト500シリーズOCLVカーボンを使用。

シマノアルテグラ仕様で人気車種の1台。

重量は56cmで7.53Kgとかなり軽量。

ヒルクライムは絶対有利になりますが、ロングライドや週末のサイクリングにもおすすめです。

価格もこのクラスでは破格の低価格。

価格

¥312,000(税抜)  (完成車)

¥175,000(税抜)  (フレームセット)

関連商品

  1. トレック マドン SLR 9 ディスク(2019M)

    Madone SLR 9 Discは、ロードディスクの革命児的存在。ロードバイクにおける高い空力性能、トレック最軽量のOCLV カーボンレイアップ、振動吸収性を調整できるシステム、Shimano Dura-Ace Di2 電動ドライブトレインが、最高のエアロロードバイクを探す旅の終着点となる。

  2. トレック ドマーネ SL5 (2018M) ¥241,000→特価204,850(税抜)

    Domane SL 5は、前後のIsoSpeedテクノロジーによる快適性と、500 Series OCLVカーボンフレームの軽さに、シマノ105フルコンポーネントを組み込んだ、ロングライドに最高な1台です。

  3. トレック チェックポイント ALR5

    最高のコストパフォーマンスをもつグラベルバイク。舗装路のロングライドも林道もものともしません。特徴的な、調整可能な Strangle Hold ドロップアウト、広大なタイヤクリアランス。さらには多めに設定されたマウントで、あなただけのカスタマイズが可能です。

  4. トレック マーリン 7 (2019M)

    2019年のマーリン7は、新開発のアルミフレームに、ロックショックス製のフォークにテクトロ製の油圧ディスクブレーキを装備、ワイドなギア比のシマノドライブトレインの組み合せで、自転車通勤など日常的な移動はもちろん、林道を含んだサイクリングに最適です。

  5. トレック ドマーネ AL2 (2019M)

    昨年フルモデルチェンジしたDOMANE AL2は、軽量なアルミフレームに衝撃吸収性を重視したカーボンフォークの組み合せながら、クロスバイク並みの79,000円というお値段で、特に初めてロードバイクをお求めのお客様に人気があります。

  6. トレック Xキャリバー 7 (2019M)

    クロスカントリーライドやレースを始めたいライダーに最適の入門バイク。軽くて丈夫なアルミフレーム、100mm トラベルのRockShox フォーク、Shimano ドライブトレイン、油圧ディスクブレーキなど、重要な箇所に高度な技術を注いだ高性能ハードテール。

ページ上部へ戻る