, ,

トレック MADONE SL 6 DISC(2020M)

MADONE SL 6 DISCは上位グレードのMADONE SLRと全く同じエアロ性能を持ちつつも、オールラウンドで活躍できる性能を持ち合わせています。フレームはトレック「500 Series OCLV カーボン」を使用することで、コストパフォーマンスの高い乗り心地の良いエアロロードになっています。


調整式トップチューブIsoSpeed搭載で快適性も高い

MADONE SLRとフレーム形状を共有して、H1.5のジオメトリー、全く同じ空力性能、調整式トップチューブIsoSpeedを採用。これにより、スライダーを動かすだけで、お好みの振動吸収性を実現できます。IsoSpeedと言えば、DOMANEシリーズにも採用され、その乗り心地はアスファルトの路面などの細かい振動も吸収して、本当に乗り心地がいいと定評があり、体への負担も減らし、ロングライドでも性能が発揮されます。MADONEでも同じことで、レースで少しでも体のダメージを残しとけるので、最後のゴールスプリントが有利になるとも言われています。まさにオールラウンドエアロロード。

 

 

■制動力・スピードコントロールが圧倒的に良い油圧ディスクブレーキ

新しくなったMADONE SL 6は上位モデルのSLR同様にディスクブレーキになりました。制動力はもちろんですが、スピードコントロールも楽になります。さらにレバーの引きが軽いので、女性や力がない方にも安心。特に長い下り坂などでは絶対的なアドバンテージが得られます。スルーアクスルになったことにより、コーナーリング時も安定します。ディスクブレーキのメリットは他にもたくさんあります。ロードバイクディスクブレーキの詳しい説明はこちらのブログをチェックしてください↓

スポーツバイク、ディスクブレーキのすすめ!ホントに必要なの?

 

 

■ハンドル・ステムはノーマルタイプが標準装備

標準のステム、ハンドルバーを使用することでサイズの変更や部品の交換がスムーズに行うことができ、カスタマイズの幅が広がります。通常のハンドルを使うことにより、トライアスロンなどで有利になるDHバーを取り付けることが可能なので、トライアスロン用としても最適な1台です。

 

 

■コンポーネントは信頼性の高い、シマノULTEGRA(アルテグラ)仕様

ドライブトレインはシマノアルテグラの機械式。フロント50-34、リア11-28の11スピード。クランク長はフレームサイズによって変わってきます。ホイールはボントレガー「Aeolus Comp 5 Disc」、アルミリムに50mmハイトのカーボンエアロホイールです。巡航性が高いので、トライアスロンやロングライドにもいいですよ。

 

■ハンドル回りがスッキリ、Blendrt対応

ボントレガー「Proステム」採用でサイクルコンピューターやライト類が見た目スッキリ、扱いやすくなります。ライト、サイクルコンピューターのメーカーなどはスタッフまでお問い合わせください。

MADONE SL 6 DISC  価格¥530,000(税抜)

 

関連商品

  1. トレック マドン SL6

    マドン9のフレームをベースにしながら、OCLV500カーボンを使用することでお求めやすいお値段にしたのが、マドンSL6です。もちろんマドン9譲りのエアロ性能、ISOスピードテクノロジーはそのまま受け継がれています。

  2. トレック チェックポイント ALR5

    最高のコストパフォーマンスをもつグラベルバイク。舗装路のロングライドも林道もものともしません。特徴的な、調整可能な Strangle Hold ドロップアウト、広大なタイヤクリアランス。さらには多めに設定されたマウントで、あなただけのカスタマイズが可能です。

  3. トレック EMONDA SL5(エモンダSL5) (2020M) SOLD OUT

    軽量カーボンロード。バランスの良い走りや優れたハンドリングを備え、長距離でも信頼できるコンポーネント(シマノ105)を採用する。起伏の多いコースで行われるセンチュリーライド、ヒルクライムなどオールマイティーに扱えるカーボンロードバイクです。

  4. トレック デュアルスポーツ 2 (2020M)

    Dual Sport 2は、あらゆる路面で走りが輝くクロスバイク。舗装路では効率的で、砂利道では安定し、どこを走っても快適。ラック、フェンダーなども簡単に取り付けられる。サスペンションフォーク、グリップ力の高いオールトレインタイヤ、油圧ディスクブレーキを装備

  5. トレック マドン SLR8 (2019M)

    Madone SLR 8は、一切の妥協を排したカーボンレースバイク。軽く、空力性能と振動吸収性に優れ、高性能ロードバイクの必須項目を全てクリアする。最高レベルの機械式ドライブトレイン、エアロカーボンホイール、フレームの振動吸収性を走る路面に合わせて調整できるトップチューブの調整式IsoSpeedを搭載、全開走行を可能にする作りだ。

  6. トレック エモンダ ALR4(2020M)SOLD OUT

    新しいエモンダALR 4が登場!アルミロードでありながら、Invisible Weld Technologyで成形済みのチューブは、カーボンフレームのような見た目と軽さを実現。ロードをこれから始めるライダーやレーサーに最適な1台です。

ページ上部へ戻る