, ,

トレック EMONDA(エモンダ) SL 6 DISC (2022M)

軽量モデル「EMONDA SL(エモンダ)」シリーズが6年ぶりにフルモデルチェンジ!! 2022年モデルは軽量だけでなく空力性能に優れ、風にも強くなり、平坦路やヒルクライムがさらに速く走れるようになりました。EMONDA SL6 はシマノアルテグラを装備し、ワンランク上のロードバイクをお探しの方にピッタリの1台です。


■トップグレードSLRと同じ空力性能

軽くてエアロな500 Series OCLV カーボンフレームとフォークで、前作より空力性能はアップ。風の強い日のライドも安定感は良く、ヒルクライムでも性能を発揮します。セミエアロフレームになったことで、あらゆる状況に対応するオールマイティーロードバイクです。

 

 

ハンドル、ステムは標準タイプを装備。ステム交換やハンドルの角度など微調整が簡単に行えます。ノーマルハンドルなので、トライアスロンなどにおすすめのDHバーも取り付け可能です。ワイヤー類はきれいにフレームの中に入るため、見た目も美しくなりました。

 

■シマノアルテグラをフル装備

シマノ アルテグラ「R8000」をフル装備。軽量で快適なライドをアシストします。ホイールはボントレガー「PARADIGM TLR」を装備、チューブレスにも対応します(チューブレスの際は専用バルブ、リムテープ、タイヤが必要です)。

 

前後スルーアクスルにより、推進力のロスを最小限に抑えます。油圧ディスクブレーキにより、軽い力でストレスなくブレーキコントロールを行えます。フレームサイズ52以下には、ショートリーチレバーが標準装備されるので、手の小さい方や女性にも安心してブレーキ操作が可能です。

 

■「ブレンダ―」でハンドル回りをスマートに

ステムは「ブレンダ―」対応なので、サイクルコンピューターやライトがスマートに取付が可能です(ライトやサイクルコンピューターは付いてきません)。対応するブランドや取付方法などはお気軽にご相談ください。

 

 

2021 TREK EMONDA SL 6  希望小売価格¥444,400(税込)

カラー: Trek Black/Radioactive Red、 Lithium Grey/Brushed Chrome

サイズ: 47、50、52、54、56、58、60、62c

 

関連商品

  1. トレック マドン SLR6ディスク (2019M)

    究極のレースモデルに、路面振動を軽減するトップチューブの調整式IsoSpeedがもたらす次世代のパフォーマンスを搭載。トップチューブ上のスライダーでフレームの振動吸収量を微調整できる機能である。レース仕様のパーツとホイール、油圧ディスクブレーキ、各部を調整できる豊富なオプションを搭載。

  2. トレック EMONDA SL5(エモンダSL5) (2020M) SOLD OUT

    軽量カーボンロード。バランスの良い走りや優れたハンドリングを備え、長距離でも信頼できるコンポーネント(シマノ105)を採用する。起伏の多いコースで行われるセンチュリーライド、ヒルクライムなどオールマイティーに扱えるカーボンロードバイクです。

  3. トレック DOMANE AL2(ドマーネAL2) (2020M)

    エントリーロードバイクDOMANE AL2は、軽量なアルミフレームに衝撃吸収性を重視したカーボンフォークの組み合せながら、クロスバイク並みの85,000円というお値段で、特に初めてロードバイクをお求めのお客様に人気があります。

  4. トレック Checkpoint ALR 5(チェックポイント)(2021M)

    チェックポイントALR5はシマノのグラベル専用パーツ「GXP」を装備した、軽量アルミフレームモデルとして、コストパフォーマンスの高いグラベルロードです。

  5. トレック Marlin 6(マーリン6) (2021M)

    Marlin 6は気軽に自転車を楽しみたい方におすすめの、マウンテンバイクエントリーモデル。山の中のオフロードはもちろん、通勤、通学などのオンロード走行にもおすすめ。

  6. トレック エモンダ ALR4(2020M)SOLD OUT

    新しいエモンダALR 4が登場!アルミロードでありながら、Invisible Weld Technologyで成形済みのチューブは、カーボンフレームのような見た目と軽さを実現。ロードをこれから始めるライダーやレーサーに最適な1台です。

ページ上部へ戻る