, ,

トレック DOMANE SL 6(ドマーネSL6) (2020M)

2020年モデルのDomane SL 6 Discは、速くて快適な高性能ロードバイク。 軽いOCLV カーボンと前後IsoSpeedの振動吸収性の良さを備え、Shimano Ultegra フルドライブトレイン、高品質のホイール、あらゆる天候で安心してブレーキングできる油圧ディスクブレーキを採用している。さらに、ライドの必需品を収納できる、アクセスが簡単なストレージも備えている。


■圧倒的振動吸収「IsoSpeed」を前後に装備

フロントIsoSpeedテクノロジーは、スムーズなライドを実現する革新的技術。長い距離を速く力強く走りぬくため、スムーズさとバランスを向上させ、手に伝わる振動を抑えるだけでなく、ハンドリングも向上。

 

リアIsoSpeedは長時間のライドでも快適に走らせるトレックの技術。荒れた路面からの振動を吸収、バイクスムーズに進めることができ、速さにつながります。体に伝わる振動も減るので、ロングライドなどでも最後まで体力温存できます。フレームジオメトリーは優れた安定性と快適性のエンデュランスフィット。初心者の方でも違和感なく、快適に乗ることができます。さらに新型ドマーネはエアロロードMADONEと見違えるほど、エアロ効果の優れたフレーム形状になり、旧モデルと比べ、1時間で1分を短縮できるエアロフレームになりました。

 

 

■New見た目スッキリ便利な内部ストレージ

フレームダウンチューブ(ボトルケージ台座部分)には、2020年から新しくストレージボックスが追加。この機能も新型ドマーネのボトルケージ台座の黒いレバーを外に動かすと、ふたが外れて中には専用の袋が標準装備。

ふたの裏には専用コンパクトツールが収まります。フレームの中の赤いタグを引っ張りだすと、専用の長い袋が出てきます。

これを引き抜くと…

三つ折りになっていて、CO2ヘッド、CO2、タイヤレバー、チューブが収納できるようになっています。部品は別売りなので、自転車購入時にお求めください。サドルバックやツールボトルを持たなくていいので、ぜひ使ってください。ちなみに、ふたを外してその裏には、専用の携帯工具も収納できるようになっています。サドルバッグよりもバイクの重心が下がり、走行性能も安定します。

 

 

■圧倒的制動力とコントロール性の「ディスクブレーキ」

安全性、機能性みてもディスクブレーキはメリットだらけ。軽い力でしっかり止まって、スピードコントロールも圧倒的に楽です。雨や泥が付いて濡れても、制動力は一切落ちません。峠などの下りも手が疲れることはありません。

ディスクブレーキについて詳しく説明しているブログをご覧ください↓

スポーツバイク、ディスクブレーキのすすめ!ホントに必要なの?

 

 

■シマノ「ULTEGRA(アルテグラ)」で統一

変速系、駆動系、ブレーキなどコンポーンネントはシマノ「アルテグラ」で統一。全て統一することにより最高のパフォーマンスを発揮することができます。

 

 

■広いタイヤクリアランスでカスタムの幅が広がる

標準タイヤは700×32Cとクッション性、スピード性のバランスが取れている、タイヤを装備。最高38Cのタイヤまで装着可能。ホイールはボントレガー Paradigm Comp チューブレスレディーホイール、チューブレス用の部品、タイヤを用意すればチューブレス化も可能です。

 

タイヤクリアランスがかなりあるので、フルフェンダーなど取付も可能。ラックも取り付けてバックをつければキャンプツーリングやグラベルロードにもなります。自分の個性に合わせてカスタムするのも楽しいですね。

 

万能ロードバイク、新型ドマーネは初心者におすすめですが、上級者でも欲しくなる1台。

 

トレック ドマーネSL6

カラー:Crystal White、Matte/Gloss Trek Black、Radioactive Red/Trek Black

価格:¥408,000(税抜)

 

関連商品

  1. トレック マドン SL6

    マドン9のフレームをベースにしながら、OCLV500カーボンを使用することでお求めやすいお値段にしたのが、マドンSL6です。もちろんマドン9譲りのエアロ性能、ISOスピードテクノロジーはそのまま受け継がれています。

  2. トレック FX SPORT 4 (2020M)

    FX SPORT 4は、高性能フィットネスバイクの入門モデル。軽量アルミフレーム、20段変速、ディスクブレーキ標準装備などクロスバイクの中でもハイスペックバイク。長距離の通勤・通学やハイスピードのサイクリングを可能にします。

  3. トレック エモンダ ALR5 ディスク (2019)

    2019年モデルのエモンダALRは、新たにディスクブレーキモデルも追加されました。インビジブルウェルドテクノロジーで成形された300シリーズアルファアルミニウム製の新設計フレーム・フォークに、シマノ105コンポーネント・ディスクブレーキを搭載しています。

  4. トレック エモンダ ALR4(2020M)SOLD OUT

    新しいエモンダALR 4が登場!アルミロードでありながら、Invisible Weld Technologyで成形済みのチューブは、カーボンフレームのような見た目と軽さを実現。ロードをこれから始めるライダーやレーサーに最適な1台です。

  5. トレック チェックポイント ALR4 (2019M)

    TREK(トレック)から新しいジャンル、グラベルロードバイクが新登場!その名も『CHECKPOINT(チェックポイント)』シクロクロスバイク『Boone(ブーン)』や『Crockett(クロケット)』とは全く別物です。トレック史上最高に面白いロードバイクかも。

  6. トレック エモンダALR 5 DISC (2022M)

    軽くて乗りやすいロードバイクだけでなく見た目もこだわりました。初めてロードバイクを購入する方にはピッタリの1台。

ページ上部へ戻る