, ,

トレック エモンダALR 4 DISC (2020M)

デスクブレーキ仕様のロードバイクで、コストパフォーマンスの高い1台。エモンダシリーズ人気の軽量アルミフレーム。見た目はカーボンフレームと間違えるほどの美しさ。シマノNew「TIAGRA」グループセットでパフォーマンスも高い。初めてスポーツバイク、ロードバイクを購入する方におすすめの1台。


■軽いだけじゃない、美しいアルミフレーム

見た目はカーボンフレーム?って思えるほど美しい、Invisible Weld Technologyで溶接した、トレック最軽量の300 Series Alpha アルミフレーム。

 

あまりに美しいので、アップの写真。この部分だけ見れば最上級モデル「EMONDA SLR」と一緒。

 

フレームカラーはマッドブラック。TREKロゴはブルー系、角度によってはブラックにも見える不思議なカラー。よく見るとラメが入っていて地味にカッコいい。

 

■制動力が安定して、圧倒的に楽「油圧ディスクブレーキ」

もちろんディスクブレーキ。新型「TIAGRA」の油圧式、制動力はもちろん、スピードコントロールも楽です。ブレーキが効くだけではなく、12mmスルーアクスルになるのでホイール剛性が上がるのでコントロール性、力の伝達性もアップします。

ディスクブレーキについてはこちらの記事をご覧ください↓

スポーツバイク、ディスクブレーキのすすめ!ホントに必要なの?

 

■シマノ「TIAGRA」で統一しパフォーマンスアップ

部品はシマノTIAGRAで統一。ギアはフロント2段、リア10段。クランク、チェーンなど駆動系もTIAGRA。同じブランド、グレードで統一すると自転車のパフォーマンスがグッとアップします。

 

軽量なのでヒルクライムやロングライドでも活躍します。無駄がない、コストパフォーマンスの高いEMONDA ALR4 DISC おすすめです。

 

トレック エモンダ ALR 4 DISC

カラー:Matte/Gloss Trek Black

価格:¥175,000(税抜)

関連商品

  1. トレック EMONDA SL5(エモンダSL5) (2020M)→¥178,400(価格ダウン)

    軽量カーボンロード。バランスの良い走りや優れたハンドリングを備え、長距離でも信頼できるコンポーネント(シマノ105)を採用する。起伏の多いコースで行われるセンチュリーライド、ヒルクライムなどオールマイティーに扱えるカーボンロードバイクです。

  2. トレック EMONDA(エモンダ) SL 6 DISC (2021M)

    2021年モデルは軽量だけでなく空力性能に優れ、風にも強くなり、平坦路やヒルクライムがさらに速く走れるようになりました。EMONDA SL6 はシマノアルテグラを装備し、ワンランク上のロードバイクをお探しの方にピッタリの1台です。

  3. トレック EMONDA(エモンダ) SL 5 DISC (2021M)

    軽くて空力に優れた EMONDA SL5 はヒルクライムだけでなく、起伏の多いロングライド、風の強い平坦路などでも力を発揮します。コストパフォーマンスが高いので、アルミロードバイクからのアップグレード、ヒルクライムレースに参加してみたい方にはおすすめの1台

  4. トレック エモンダALR 5 DISC (2021M)

    軽くて乗りやすいロードバイクだけでなく見た目もこだわりました。初めてロードバイクを購入する方にはピッタリの1台。

  5. トレック Precaliber 20 7Speed Boy’s (2020M)

    本格Jrマウンテンバイク。軽量フレームに、フロントサスペンション、7段変速、小さい手にレバーのサイズを合わせたハンドブレーキなど、高品質のパーツを搭載する。対象年齢6〜8歳、適用身長114〜132cmのお子さんに。

  6. トレック DOMANE SL 6 ディスク (2019M)

    速くて快適な高性能ロードバイク。 軽いOCLV カーボンと前後IsoSpeedの振動吸収性の良さを備え、さらにShimano Ultegra フルドライブトレイン、高品質のホイール、あらゆる天候で安心してブレーキングできる油圧ディスクブレーキを採用。

ページ上部へ戻る