, ,

トレック エモンダALR 4 DISC (2020M)

デスクブレーキ仕様のロードバイクで、コストパフォーマンスの高い1台。エモンダシリーズ人気の軽量アルミフレーム。見た目はカーボンフレームと間違えるほどの美しさ。シマノNew「TIAGRA」グループセットでパフォーマンスも高い。初めてスポーツバイク、ロードバイクを購入する方におすすめの1台。


■軽いだけじゃない、美しいアルミフレーム

見た目はカーボンフレーム?って思えるほど美しい、Invisible Weld Technologyで溶接した、トレック最軽量の300 Series Alpha アルミフレーム。

 

あまりに美しいので、アップの写真。この部分だけ見れば最上級モデル「EMONDA SLR」と一緒。

 

フレームカラーはマッドブラック。TREKロゴはブルー系、角度によってはブラックにも見える不思議なカラー。よく見るとラメが入っていて地味にカッコいい。

 

■制動力が安定して、圧倒的に楽「油圧ディスクブレーキ」

もちろんディスクブレーキ。新型「TIAGRA」の油圧式、制動力はもちろん、スピードコントロールも楽です。ブレーキが効くだけではなく、12mmスルーアクスルになるのでホイール剛性が上がるのでコントロール性、力の伝達性もアップします。

ディスクブレーキについてはこちらの記事をご覧ください↓

スポーツバイク、ディスクブレーキのすすめ!ホントに必要なの?

 

■シマノ「TIAGRA」で統一しパフォーマンスアップ

部品はシマノTIAGRAで統一。ギアはフロント2段、リア10段。クランク、チェーンなど駆動系もTIAGRA。同じブランド、グレードで統一すると自転車のパフォーマンスがグッとアップします。

 

軽量なのでヒルクライムやロングライドでも活躍します。無駄がない、コストパフォーマンスの高いEMONDA ALR4 DISC おすすめです。

 

トレック エモンダ ALR 4 DISC

カラー:Matte/Gloss Trek Black

価格:¥175,000(税抜)

関連商品

  1. トレック FX1 ディスク(2020M)

    人気のクロスバイクFXシリーズのエントリーモデル、「FX1」。お手頃な価格でありながら、フレームは上位モデルと同じ軽量アルミフレーム。雨にも強いディスクブレーキ仕様になりました。通勤や通学、サイクリングにもおすすめです。

  2. トレック エモンダALR 5 DISC (2021M)

    軽くて乗りやすいロードバイクだけでなく見た目もこだわりました。初めてロードバイクを購入する方にはピッタリの1台。

  3. トレック Precaliber 16 Boy’s (2020M)

    軽量なアルミフレームのキッズバイク。軽い仕上がりで、補助輪も標準装備。初めて自転車に挑戦するキッズにおすすめです。また、サドルに内蔵されたハンドルで走るキッズを支えることができ、オプションでライトを取り付けることも可能で安全性も高い。対象年齢4〜5歳、適用身長99〜117cmのお子さんに。

  4. トレック DOMANE SL5(ドマーネSL5) (2020M)

    2020年モデルのドマーネはフレーム(カーボンモデル)がフルモデルチェンジ。エンデュランスジオメトリーで、乗り心地はもちろん走行安定性も良くなり、これ1台でレース、サイクリング、ロングライド、ヒルクライムもこなせて、カスタム次第ではグラベルも行けるオールマイティーロードバイクです。

  5. トレック マドン SLR 9 ディスク(2019M)

    Madone SLR 9 Discは、ロードディスクの革命児的存在。ロードバイクにおける高い空力性能、トレック最軽量のOCLV カーボンレイアップ、振動吸収性を調整できるシステム、Shimano Dura-Ace Di2 電動ドライブトレインが、最高のエアロロードバイクを探す旅の終着点となる。

  6. トレック マドン SL6

    マドン9のフレームをベースにしながら、OCLV500カーボンを使用することでお求めやすいお値段にしたのが、マドンSL6です。もちろんマドン9譲りのエアロ性能、ISOスピードテクノロジーはそのまま受け継がれています。

ページ上部へ戻る