, ,

トレック エモンダALR 4 DISC (2021M)

デスクブレーキ仕様のロードバイクで、コストパフォーマンスの高い1台。エモンダシリーズ人気の軽量アルミフレーム。見た目はカーボンフレームと間違えるほどの美しさ。シマノNew「TIAGRA」グループセットでパフォーマンスも高い。初めてスポーツバイク、ロードバイクを購入する方におすすめの1台。


■軽量アルミロードバイクの決定版

軽量な 300 Series Alpha アルミフレームを使用し、全体重量も抑えられ低価格を実現。これからロードバイクを始める方にはピッタリの1台。そして軽いだけでなく、Invisible Weld Technologyと成形済みのチューブがすっきりした見た目、軽さ、驚異のハンドリングに。ヘッドチューブ周りはカーボンフレームと見間違えるほど美しい。

 

■安心安全のシマノ油圧ディスクブレーキ

主流のディスクブレーキ。シマノ「TIAGRA」の油圧式、制動力はもちろん、スピードコントロールも楽です。ブレーキが効くだけではなく、12mmスルーアクスルになるのでホイール剛性が上がるのでコントロール性、力の伝達性もアップします。コンポーネントはフルシマノTIAGRA2×10スピード。同じブランド、グレードで統一すると自転車のパフォーマンスがグッとアップします。

ディスクブレーキについては下記のサイトをチェックしてみてください↓

スポーツバイク、ディスクブレーキのすすめ!ホントに必要なの?

 

オールマイティーロードバイクですが、軽量なのでヒルクライムやロングライドでも活躍します。無駄がない、コストパフォーマンスの高いEMONDA ALR4 DISC おすすめです。

 

トレック エモンダ ALR 4 DISC

カラー:Lithium Grey、Radioactive Red to Marigold Fade

価格:¥175,000(税抜)

 

関連商品

  1. トレック Roscoe7 (ロスコ7) (2021M)

    メインコンポーネントがSRAM SX 1×12。トレイルライドには現在ベストのギア比ですね。価格もお手頃で初めてのマウンテンバイクから上級者でもこれ1台でどこでも楽しめるロスコ7はトリップサイクル一押しマウンテンバイクです。

  2. トレック DOMANE SL5(ドマーネSL5) (2020M)

    2020年モデルのドマーネはフレーム(カーボンモデル)がフルモデルチェンジ。エンデュランスジオメトリーで、乗り心地はもちろん走行安定性も良くなり、これ1台でレース、サイクリング、ロングライド、ヒルクライムもこなせて、カスタム次第ではグラベルも行けるオールマイティーロードバイクです。

  3. トレック EMONDA(エモンダ) SL 5 DISC (2021M)

    軽くて空力に優れた EMONDA SL5 はヒルクライムだけでなく、起伏の多いロングライド、風の強い平坦路などでも力を発揮します。コストパフォーマンスが高いので、アルミロードバイクからのアップグレード、ヒルクライムレースに参加してみたい方にはおすすめの1台

  4. トレック チェックポイント SL5 (2019M)

    Checkpoint SL 5 は、あらゆる冒険に対応するためのカーボングラベルバイク。Shimano 105 ドライブトレインと油圧ディスクブレーキを装備し、なによりの特徴となるのは、軽量なOCLV カーボンフレームに搭載されたIsoSpeed です。

  5. トレック チェックポイント ALR5

    最高のコストパフォーマンスをもつグラベルバイク。舗装路のロングライドも林道もものともしません。特徴的な、調整可能な Strangle Hold ドロップアウト、広大なタイヤクリアランス。さらには多めに設定されたマウントで、あなただけのカスタマイズが可能です。

  6. トレック EMONDA SLR New ICON カラー!!

    新型EMONDA SLR プロジェクトワンNew「ICON」カラー。金箔を使った「スイートゴールドリーフ」や、虹色に輝く「ダイヤモンドホログラフィック」など芸術性の高いカラーをご覧ください。

ページ上部へ戻る