ブログ

フルモデルチェンジした、トレック Fuel EX8 マウンテンバイク初心者から上級者まで楽しめる、おすすめの1台!

2020年モデルトレックのマウンテンバイクが人気です。いつもコストパフォーマンスが高い「ロスコ7」を紹介していましたが、今回はフルサスペンションモデルのFuel EX8(フュエル)をお買上げいただいたので紹介します。

以前に2020年モデルのFuel EX9.8を紹介しているのでブログチェックしてください↓

Fuel EX8はアルミフレームミドルグレード。お手頃モデルはFuel EX5(¥255,000税抜)になります。

Fuel EXの特徴は前と後ろにサスペンションを持つフルサスペンションマウンテンバイク。フロント140mm、リア130mmストロークがあるので、荒れた路面でもスムーズに走りきることができます。車体自体も軽量なので、自走でのトレイルライドやエンデューロレースにおすすめです。


Fuel EX8は軽量なAlpha Platinum アルミフレーム、カラーはマッドブラック。TREKロゴが切り抜きっぽくなっていてカッコいいですよ。

 

変速系は主流となっているSRAM GX Eagle 1×12。 シンプルでチェーントラブルも少ないです。ペダルは付属しないので、滑りにくく耐久性も高いレースフェイスのATLASペダルをチョイス。

 

フロントサスペンションはFOX Rhythm 34 エアースプリング、140mmトラベル。岩でガレたところや根っこがスムーズに抜けられる!?多少基礎テクニックも必要ですが、ストロークが多いと比較的ラクです。ロックアウト機能も付いているので舗装の登りなどはラクに登ることができます。

 

リアユニット(リアサスペンション)にはFOXにTREK独自のRE:aktiv機能がついて、ぺダリング時はストロークせず踏ん張り、路面からの衝撃にはスムーズに動くようになっています。ぺダリングで良く進み、荒れた路面では暴れずスムーズに気持ちよく進みます。

 

もちろんドロッパーシートポスト付き。手元のレバーでサドルの高さを上げたり下げたり一瞬でできるので、登りの時は一番上でぺダリングしやすいポジションに、下りの時はサドルを下げて体重移動しやすいようにできて、楽しく安全にライドを楽しめます。

ドロッパーシートポストについて詳しく説明しているブログもあるので、お時間ある時にでもご覧ください↓

 

Fuel EXシリーズはフルサスペンションマウンテンバイクとしては、比較的お手頃価格になっているので、山の中を駆け巡りたい方にはおすすめのマウンテンバイクです。初心者から上級者まで登り、下りをバランスよく楽しめる1台。トレックのマウンテンバイクはこの他に、ショートストロークからロングストロークまで幅広くラインナップしているので、どれにしたらよいか迷っている方はトリップサイクルまでご相談ください。マウンテンバイク経験豊富なスタッフがご案内します。

関連記事

最近の記事

2020 NEW MODEL

  1. トレック Checkpoint SL 5(チェックポイント)(2021M)
  2. トレック FX3 ディスク(2020M)
  3. トレック EMONDA(エモンダ) SL 6 DISC (2021M)
  4. トレック エモンダ ALR5 (2020M)¥143,200(価格ダウン!)
  5. トレック エモンダALR 5 DISC (2021M)
  6. トレック エモンダALR 4 DISC (2021M)
  7. トレック Checkpoint ALR 5(チェックポイント)(2021M)
  8. トレック FX1 ディスク(2020M)
  9. トレック EMONDA(エモンダ) SL 5 DISC (2021M)
  10. トレック FX2 ディスク(2020M)
  11. トレック FX Sports Carbon 4 (FXスポーツカーボン4)(2021M)
  12. トレック DOMANE AL2(ドマーネAL2) (2020M)
ページ上部へ戻る