ブログ

ロードバイク用チェーンの選び方(11速用)グレードアップにおすすめ!!

今回はロードバイク用チェーン (11速シマノ用) の選び方について、説明します。

トリップサイクルではロードバイクにシマノの部品が使われているのは、シマノ純正のチェーンをおすすめしています。チェーンはシマノ以外にも様々なブランドはあり、軽量モデルやカラー物などいろんな種類がありますが、やはりシマノが推奨する純正品が一番ハイパフォーマンスを引き出します。

シマノロードバイク11速用チェーンは3種類あります。

・CN-HG901-11(DURA-ACEクラス)

・CN-HG701-11(ULTEGRAクラス)

・CN-HG601-11(105クラス)

 

気になる重量を比べてみると…(袋入りの重量です)

シマノ CN-HG601 ¥3,641(税抜)

105グレードチェーンは実測262g。チェーンの重さとしては普通の重量です。アウターリンクには超低摩擦表面処理(SIL-TEC)がされていないので(インナーリンクのみSIL-TEC加工あり)、アルテグラ、デュラエースに比べると、走行中の音鳴りが少しですが気になる程度。泥や水など汚れが付きやすいので、しっかりメンテナンスしないとサビも出てくることがあります。変速性能は全く問題ないので、コストを抑えるなら105グレードですね。

 

 

シマノ CN-HG701 ¥4,758(税抜)

アルテグラグレードのチェーンは実測263g!?105グレードより1g重いですね(笑)カタログ値では同じなので誤差の範囲ですね。105と違うのはアウターリンクにもSIL-TEC加工が施されているので、走行中の音鳴りが静かです。摩耗性も高くなり、泥はけも良くなるのできれいな状態が保ちやすく、105グレードより少し寿命が長く使用できます。

 

 

シマノ CN-HG901 ¥5,223(税抜)

一番高価なDURA-ACEは実測253g。ピンに肉抜きがしてあるので、少し軽めですね。アルテグラと同じくアウターリンクとインナーリンクにSIL-TEC加工を施しており、走行中のノイズが少なく静か。もちろん摩耗性能もかなり高いです。アルテグラと違うのは重量だけでなく、踏んだ時のパワーロスが少なく、ダイレクトな力の伝わり方します。

実はトリップサイクルでダントツ売れているのが、デュラエースクラスのチェーンなんです。デュラエースと言えば値段が一気に跳ね上がるイメージですが、チェーンはアルテグラとなんと¥465差しかないんです!

コンポーネント(部品)はシマノ105やアルテグラでも11速であればデュラエースチェーンも使えるので、チェーンだけでもぜひ使用してみてください。おすすめのグレードアップですよ。

 

 

チェーン交換時の注意点についてはこちらのブログをチェック↓

 

関連記事

最近の記事

2020 NEW MODEL

  1. トレック DOMANE AL 4 DISC(ドマーネAL4ディスク)(2021M)
  2. トレック FX3 ディスク(2021M)
  3. トレック Checkpoint SL 5(チェックポイント)(2021M)
  4. トレック エモンダALR 4 DISC (2021M)
  5. トレック FX1 ディスク(2021M)
  6. トレック Roscoe7 (ロスコ7) (2021M)
  7. トレック DOMANE AL 3 DISC(ドマーネAL3ディスク)(2021M)
  8. トレック FX2 ディスク(2021M)
  9. トレック Marlin 6(マーリン6) (2021M)
  10. トレック EMONDA SL5 DISC(エモンダSL5ディスク) (2020M) SALE!!
  11. トレック FX Sports Carbon 4 (FXスポーツカーボン4)(2021M)
  12. トレック EMONDA(エモンダ) SL 6 DISC (2021M)
ページ上部へ戻る