ブログ

ボントレガー「Blendr(ブレンダ―)」システムとは?ハンドル回りをきれいにスッキリ!

ここ最近、ボントレガーのBlendrブレンダ―が人気です。トレックのバイク(クロスバイク、ロードバイク)にはブレンダ―対応のステムが標準装備されている為、購入時にカスタマイズする方も増えています。最近ではトレック以外のバイクでもブレンダ―対応ステムに交換して使用する方も増えてきました。


Blendrとは?

Blendr(ブレンダ―) は、ライトやサイクルコンピュータといったさまざまなアクセサリーを、バイクにすっきりと簡単に取り付けられる、究極の一体化システム。Blendr対応ステムを使用し、そこに適切なベース(土台)を取り付けたのち、希望のアクセサリーに合うマウントを選びます。

 

上の写真は私(篠原)のロードバイクに取付けているブレンダ―。ステムはボントレガー「Pro Blendr Stem」に上がガーミンサイクルコンピューター、下がボントレガーのライトです。

上から見るとハンドルには何もつけないので、かなりスッキリ。見た目もカッコいいですね。

ブレンダ―に必要なのはまず対応したステム。お店にはボントレガー「Pro Blendr Stem」と「Elite Blendr Stem」を在庫展示しています。

 

 

そして、サイクルコンピューター、ライトのブランドによってはブレンダ―が対応していない物もあるので注意。サイコンはボントレガー、ガーミンは問題なく取付できます。ライトはボントレガー、CATEYEは問題なく取り付けられます。その他のブランドはスタッフまでご相談ください。

 

ブレンダ―の小物だけで結構種類が多いので、お気軽にスタッフに聞いてください。ベストな取付をご提案します。

 

 

 

ライトコーナーにはブレンダ―の見本とおすすめのライトを展示しています。人気のリモートライト「TRANSMITR」(トランスミッター)も人気ですよ。手元のリモートスイッチで、ライトを簡単に操作できます。ライトのモード切替や電池残量までわかります。一度使うと便利でやめられなくなる一品。ご来店の際はぜひお試しで押してみてください。

トランスミッターはANT+で対応したライトが必要になります。

気軽にできるカスタマイズで、ハンドル回りがスッキリして空力性能もアップ!?するのでおすすめですよ。

 

関連記事

最近の記事

2020 NEW MODEL

  1. トレック FX3 ディスク(2021M)
  2. トレック エモンダALR 4 DISC (2021M)
  3. トレック Marlin 6(マーリン6) (2021M)
  4. トレック EMONDA(エモンダ) SL 5 DISC (2021M)
  5. トレック FX2 ディスク(2021M)
  6. トレック DOMANE AL2(ドマーネAL2) (2020M)
  7. トレック エモンダALR 5 DISC (2021M)
  8. トレック FX Sports Carbon 4 (FXスポーツカーボン4)(2021M)
  9. トレック エモンダ ALR5 (2020M)¥143,200(価格ダウン!)
  10. トレック Checkpoint SL 5(チェックポイント)(2021M)
  11. トレック EMONDA(エモンダ) SL 6 DISC (2021M)
  12. トレック Roscoe7 (ロスコ7) (2021M)
ページ上部へ戻る