ブログ

ボントレガー「クラッシュリプレイスメントプログラム」をぜひ利用してほしいんです。

ボントレガーのヘルメットに業界最高のサポート制度があるのは知っていますか?お店に来ていただいたお客様にはいつも説明して、販売しているんですがすごい好評なんです。ヘルメットは頭を守る大事なアイテムのひとつです。身に付けるものとしてもっとも重要なのではないでしょうか。私達から言えるのはここはケチらないで、安全第一のヘルメットを選んでほしいです。何かあってからでは遅いですからね…

そこで、ボントレガーの「クラッシュリプレイスメントプログラム」が大変便利で、高価なヘルメットでも購入しやすくなります。

ボントレガーヘルメット購入後1年以内に破損した場合、無償で新品に交換いたします。ヘルメット破損時には、そのヘルメットと購入時のレシートをお店までお持ち込みいただき、破損状況をご説明ください。手続きはこれだけ。

 

 

最近自転車と車の事故が多く、トリップサイクルでも事故車(ロードバイク)の見積り依頼が大変増えてきています。話を聞くとほとんど頭をどこかに打っている状況が多いです。下の写真のヘルメット(イエロー)は最近持ち込まれた事故の際に頭を打った時のヘルメット。中の発泡スチロールの部分は結構凹んでいて、イエローの外側カバーは衝撃で後ろまでしわが寄っているのがわかります。幸い転倒時に脳に伝わる回転エネルギーを減少させる機能のついた「MIPS(ミップス)」が装着されたヘルメットだったので、お客様もダメージはほとんどありませんでした。

 

 

下の写真は結構衝撃的!!これも最近なんですが外人さんが事故で割ったヘルメット。ボントレガー製ではないので、保証はないですが、ボントレガーのヘルメットを購入していきました。一度ぶつけたり、事故に合ったりしたヘルメットは絶対再利用しないでください。外見は問題なくても中の発泡スチロール(黒い部分)がつぶれている場合が多いです。その場合もう一度衝撃を受けてもその衝撃を全く吸収しなく、直接脳にダメージが残ります。あとヘルメットの使用期限は3年を目安にしてください。これも3年を過ぎると中の発泡スチロール部分が劣化して、衝撃を吸収しなくなります。守れる命、障害も守れなくなります。

 

このような状況を毎回(月平均5件以上)見ていると、やっぱりヘルメットは大事なのは明らかです。もちろん私、篠原はつい最近新発売した「WAVECELヘルメット」を愛用しています。私は通勤もほぼ自転車で毎日60Km、トライアスロンレースにも参加していて速度が速い時は70Km/hも出る時があるので、転んだ時のことを考えるとヘルメットは妥協できません。

 

WAVECELヘルメットについてはこちらの記事をご覧ください↓結構衝撃的な数値が出ているのでぜひ読んでみてください。

歴史を変えるヘルメット。ボントレガー「WaveCel」(ウェイブセル)登場!!

 

お店一押しはやっぱりボントレガーWAVECELヘルメット。価格は少し高いと思いますが、ボントレガーの保証制度と何かあった時の脳のダメージのことを考えると、ぜひかぶってほしいです。

 

アジアンフィットのXXX WAVECEL ヘルメットも在庫あります。私も使用していますが重量は数値的には超軽量ではないですが、フィット感がかなりいいので重さは一切感じないです。トライアスロンのレースでも使用しましたが空気抵抗も少ないように感じました。ぜひお店でチェックしてみてください。

 

もし、購入してからサイズが合わない…、カラーがちょっと…、別な種類に変更したい…など、どんな理由でも返品、交換ができるボントレガー「30日満足保証」をご利用ください。

 

トリップサイクル 篠原

関連記事

ページ上部へ戻る