ブログ

スポーツサイクル用チェーンは表裏(進行方向)あるんです。

知ってました?スポーツサイクル用チェーンは表裏(進行方向)あるって。

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクもですがメーカーによってはちゃんと表裏あるんですよ。

スポーツサイクルのほとんどがシマノチェーンですが、向きを間違えるとお分かりのように変速が悪くなり音鳴りもひどくなります。

上の写真は表側(自転車をクランクが付いている側横から見て)。SHIMANOロゴや品番が見えます。交換するときはこちら側が見えるようにして交換します。

 

これが裏側。無地です。2枚の写真を見比べるとプレートの形(凹み)が少し違います。シマノさんは少しでも変速を良くするためこのように表裏でプレートの形を変えています。なので逆に付けたら…想像にお任せします。

最近はクイックリンクのタイプが増えてきましたね。ひと昔は全てピンでつないでました。矢印が気になりますが…

クイックリンクの着脱は専用の工具があると便利です。利点は簡単に外せるのでチェーンを掃除するときに便利ですね。

 

チェーンの長さを出して、自転車にセットし両端にクイックリンクをセットします。気をつけなければならないのは進行方向に合わせて矢印の向きでセットします。これも逆に付けるとクイックリンクが外れたりして危険なのでしっかり確認しましょう。

左にチェーンが動くので矢印もその方向になるようにセット。最後は工具で広げるようにして力を入れると「パチン」とハマります。工具がない時はブレーキを握ってペダルを踏み込むとハマります。

意外と表裏知らない方が多く、お店に持ち込んだ自転車でもたまに逆になっている方が見られます。その時は説明して正しい方向で付け直しています。一度ご自分の自転車のチェーン確認してみてください。

注)両面どちらでもいいチェーンもあります。その時は進行方向関係ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る