TRIPCYCLE

TRIP CYCLE<STAFFブログ>

TREKProfessionalShop
2017年06月23日 [ライド&イベント情報]
こんにちはトリップサイクル篠原です。
6月18日(日)に横須賀追浜の日産自動車工場内で行われた『NISSAN CUP神奈川トライアスロン』に今回初のリレーで参加してきました。
お店からは自転車で25分と近いのでそのまま自転車で会場へ。

この大会は第31回と長く続く700人以上参加の神奈川では大きな大会。
スプリント、ショート(オリンピックディスタンス)、リレーなどあります。
今回は一般ショートのリレーでお客さんの高橋さん、佐々木さんと私で『TRIPCYCLE横須賀』チームで参加。
追浜トライアスロン

当日の天気は朝曇り、昼すぎから雨予報。レースは12時から、天気なんとかもってくれないかなと思いましたが、予報通り雨が降ってきて寒くて待っているときは震えが止まらず久しぶりに死にそうでした(笑)(一応雨対策はしていきましたがそれを超える寒さでした)

会場に着いて海を見たら、今まで見たことないくらいに荒れていました。風、波、うねりが絶好調!
「この中で泳げるのか?自分は無理。」と一瞬思いましたが今回は心配無用、スイムのスペシャリスト高橋さんが泳ぐので全く問題ありません。私は今回はスイムは外から見ているだけ。
追浜トライアスロン
橋さんは私のスイムコーチでもありプール、海どちらも経験豊富。ただトライアスロンは初めて。
これくらいの波、うねりは全く動じません。「逆にもっと状況が悪い方が良い」と言ってました…

今回はスタート直前であまりに海の状況が良くないので急遽1500mが半分の750mに!
写真だとあまり伝わっていないんですが、実際うねりも高く、波の高さは50cm。
初めての方、初心者はさすがにきついです。今回はスタートしない方も多くいました。もちろんリタイヤも。

リレーは全22チーム。去年のリザルトを見るとリレーのレベルが高すぎです。
スイムは全体でも上位タイムの方がずらずらと。
バイク、ランも結構速い方が…
リレーなのでその道のスペシャリストが揃っているじゃないですか。
表彰台に上りたいなと思っていましたが実際は甘くないですね。
今回もスイムには競泳で世界記録保持者も出ていました。(橋さんの友人)
追浜
いよいよスタートです。
第4ウェーブとリレー部門一緒にスタートです。
オレンジキャップがリレー。スタート一番前の列はやはりリレーの選手がぞろぞろと。橋さんもその中に。
追浜トライアスロン
スタート!!
ひとりズバ抜けて速い方が…そうです、世界記録保持者の方ですね。
見ていて気持ちいいくらい速すぎです。まるでトビウオのように泳いでいます。
コースは375mを2周回。
1周目が終わった時点で1着はもちろん世界記録保持者。なんと折り返し地点で振り向いてこちら(応援団)に向かって手を振るパフォーマンス!!応援団は「キャー」となりますね。
見ていてカッコいい。あの余裕が私にもあったらと思いつつ、3番手で橋さん。
橋さんはやはり前走者のグループを抜くのに苦労したみたいですね。
今回は平泳ぎも結構いたので何度か顔を蹴られたみたいです。
これがトライアスロンのおもしろいところですよ。やられたらやり返す(笑)

そろそろ私もバイクの準備に。
トランジションエリアのリレーゾーンで高橋さんを待ちます。
追浜トライアスロン
もちろんバイクはMADONE9。DHバーを付けたいが現状では付けられない(6月18日)
やっとDHバー対応のヘッドスペーサーが出ましたね(6月22日現在)もう2週間位早く発表してくれればアイアンマン70.3セントレアと追浜トライアスロンもっとタイム出せたのに!!

待っていると高橋さんがトップと約2分差の5位でスイムアップ。
チップの入ったアンクルバンドを付け替えて、私の出番です。
作戦は死ぬ気で頑張るです。
コースは日産のテストコースを含む、6.6Kmを6周回40Km。
トライアスロンはバイクで結構タイムを縮めることが出来るのでここで踏ん張ります。
この後ランもないのでバイクで出し尽くします。
追浜トライアスロン
前半は雨がポツポツと。後半から雨風強く嵐のような天気に代わり、後半タイムを落としてしまいました。
予定していたタイムには程遠く、バイクでは3位。通過順位は4位。

最後ランの佐々木さんにバトンタッチ。
佐々木さんは特にラン専門ではありません。どちらかと言えばバイクですね。
すいません。私がバイクをとってしまって…今度は私が走ります。
スタートするときには雨も絶好調!でさすがにあの状況からのスタートは厳しいです。
追浜トライアスロン
初めての大会参加する佐々木さんには本当に申し訳なかったですが、楽しんでもらえたので良かったです。
ゴールを待っている最中は寒くて震えが止まらなかったです。
橋さんはもう一度ウェットスーツを着ました。ウェットスーツ万歳です。

追浜トライアスロン
ゴール!
お疲れ様でした!!
天気は最悪でしたが、リレー楽しかったですね。

タイム2時間20分19秒の5位でした。
今回は結果よりもそれぞれいろんな経験ができて良かったです。
また来年につなげましょう!

追浜トライアスロン

2017年06月16日 [ライド&イベント情報]
トリップサイクル篠原です。
最後感動のゴール!?『IRONMAN 70.3 セントレア知多半島 Japan』ラン編。

苦手な準備・スイム編はこちら↓
http://www.tripcycle.jp/businessblog/166_2017-06-13_11-40-00.html

調子が良かったバイク編はこちら↓
http://www.tripcycle.jp/businessblog/167_2017-06-15_16-30-00.html

バイクで749人抜きの全体で306位までジャンプアップしスイム、バイクで想定タイムであがって順調でしたがランでどうなることやら。
距離21.1Km。ハーフマラソン。
想定(目標)タイムは1時間43分44秒。キロ4分55秒。

事前のコースマップでは獲得標高485mだったのでこれは厳しいコースだなと思っていましたが、実際厳しかったんですが、実際は165m?だった。(ガーミン情報)

コースは半田運動公園から山道?登って下ってを10回以上繰り返し、さらには普段誰も通らなそうな森の中を走ったり、歩道橋を走ったりとアドベンチャー感たっぷりのコースでした。
途中あまりの急坂で歩いてしまいました。まぁ、みんなで文句言いながら歩いてたのでOKです。

アイアンマン70.3セントレア

前半はキロ5分10秒位で坂でちょっとずつ足を削られ、中盤は「また坂か」みたいな感じ。
正直走っていて「これはあまりにも遅く、もうタイムは期待できないな。」と思いました。
しかしここまできたので全力で頑張ります。
13Km地点からは海岸線を走るほぼ平坦のコース。
このころから太陽が出てきて気温も一気に上昇。更に体力を奪っていきます。
ランのエイドステーションは約2Kmおきにあるので必ず水分補給と水を軽く浴びていました。
もちろんMag-onも摂りました。

平坦になってペースを上げる予定でしたが、やはり足のダメージは大きく簡単には上がりませんでした。
練習でも同じだったのでこれが実力です。

ゴールはセントレア空港近くのNTPマリーナりんくうです。
最後は同じクラスの選手4人くらいで競りながらのゴール。
アイアンマン70.3セントレア

結局ランタイムは1時間59分04秒(キロ5分43秒)。ゴールして遅いのを確信。
ただ、トータルタイムをみると5時間35分40秒。初めてのミドルにしては頑張ったかな?でもちょっと悔しい。

この後宮川さんのゴールを待ちます。
アイアンマン70.3セントレア
無事ゴール!おめでとうございます。
二人そろってゴール出来て良かった。とにかくホッとしました。

ゴール後二人で速報タイムを確認。
今は便利な世の中になって、アイアンマンには途中経過もわかるアスリートトラッカーがあるので、離れていてもいつでもどこでもタイム、順位が確認できます。

結果を見てバイクとランの順位が思っていたより良かったので意外だと思いました。
スイムはもちろんバイク、ランでの伸びしろはまだまだあるので頑張ればもっと上に行ける。
もう一つ、自分は距離が長い方が合っているなと、オリンピックディスタンス(ショート)よりも明らかに順位は上がっているので、ロングに挑戦してみたい気持ちは大きくなりました。
いつかは本当のアイアンマンに。

アイアンマン70.3セントレア

大会運営、ボランティア、地元の方々お疲れ様でした。
本当に楽しい大会でした。ありがとうございました。


休む間もなく6月18日(日)は横須賀の追浜NISSAN CUPトライアスロンにリレーで出場します。
私はバイク担当なので足を引っ張らないように全力で出し切りたいと思います。
当分トライアスロンネタ続きそうです…

ちなみに横浜マラソンも当選したのでロングの準備として、初めてフルマラソンにも挑戦します。
練習さぼれないな…

ランで活躍したアイテムNEWTONのランシューズです。
新作の『GRAVITAS VI』。
まず履いた時の快適性がかなりいいです。
地面のグリップ力も良く、適度な反発で足を前に進めてくれます。
足首、ひざなど全然痛くならないので気に入ってます。
NEWTONシューズは篠原までご相談ください。

タイム:5時間35分39秒
エイジ:61位/174人
全体 :291位/1299人

スイム:47分54秒(エイジ126位 全体961位)
T1  :6分04秒(エイジ40位 全体167位)
バイク:2時間39分57秒(エイジ36位 全体152位)
T2  :2分40秒(エイジ39位 全体178位)
ラン :1時間59分03秒(エイジ73位 全体423位)

※6月17日発表の正式タイムです



2017年06月15日 [ライド&イベント情報]
トリップサイクル篠原です。
トライアスロンネタが多くなりますが暇な時でも読んでください(笑)

前回の準備・スイム編はこちらをご覧ください↓
http://www.tripcycle.jp/businessblog/166_2017-06-13_11-40-00.html

苦手なスイムを制限時間内に終えて、とにかくホッとしました。
ここからはバイク、ランと全力で向かいます。
去年の九十九里以来なので気合入りまくりです(笑)
トライアスロンの場合スイムをクリアすれば完走率は一気に上がります。
スイム得意な方はぜひトライしてみましょう!
スイムが苦手な私はいつもドキドキ、ヒヤヒヤです(笑)

着替えを終えて走って1600台近くあるバイクの中から自分のバイクを目指します。
自分のバイクは比較的わかりやすい位置にあったのですぐにピックアップ。
アイアンマン70.3セントレア

バイクコースは最初に16.4Kmの周回コースを4周してから市街地に入りバイクゴールの半田運動公園を目指します。距離は90.1Km。
周回コースは工業地帯を走ります。途中LIXILの工場内もコースになっています。
周回コースはほぼフラット、市街地は少しずつ登っていく感じです。
私はエアロロード『MADONE9』でしたが、ちゃんと練習していればTTバイクやトライアスロンバイクが有利ですね。
ただ走っていて気づいたんですが、100万円以上のいい自転車に乗っていて「キュルキュルキュルキュル」なっている自転車が多かったですね。チェーンにオイルくらいはさしましょう。自分で整備が出来ない場合はレース前は必ず自転車屋さんで点検しましょう。(レース前だけでなくできれば定期的に。)
TRIPCYCLEでは他店購入車でも歓迎です。
同じ日に開催の富士ヒルクライムに参加するお客さん、同じアイアンマンに出場する外人さんなど結構来店されました。


コースは180度ターンや90度ターンが多いため、コーナーリングからの立ち上がりが結構重要でした。
コーナーリングは自信あるので広いところではなるべくスピード落とさず通過しました。
狭いところは無理せずゆっくりと。安全第一です。
アイアンマン70.3セントレア
周回コース(65q)は手元のサイクルコンピューター平均時速38Kmを維持。
トライアスロンはドラフティングが基本禁止。
ドラフティングとは前走者の後ろにピッタリついて風の抵抗をなくし楽すること(笑)場合によってはピッタリつくと勝手に進んでいくような感じになります。
アイアンマン70.3セントレア
バイクは走っていて、やっぱり楽しい。
アイアンマン70.3セントレア
周回が終わると市街地?に入ります。
周回コースを出ると一気に選手が減り、前に一人、後ろに一人確認できる程度に。
走ってみると市街地と言うよりも農村地区、畑や田んぼなどのどかな場所を走ります。
コース上にある家の前ではおじいちゃんおばあちゃん、子供までみんなで応援してくれます。
本当にうれしかったです。応援されると私はなるべく気合を入れるためにも返事をして返します。

バイクでは約2000Kcal消費するので途中補給が必要です。
私は大好きなMag-onを40分間隔くらいで4つ摂りました。
magon
マグネシウムが含まれているため、足攣りの予防にもなります。
今回はMag-onをメインに定期的に摂ったので足を攣ることなく完走できました。
ランニングにもおすすめですよ。
お店でも売ってますので是非試してください。
おすすめは梅とレモンですね。


バイクフィニッシュの半田運動公園までは少し登りで距離稼ぎの180度ターンが結構あったので平均時速は33.8Kmまで落ちましたが、85%くらい出し切ってトラブルなくバイク終了。
トランジション2はバイクをフリーラックに掛け?そのままボランティアの少年に預け、ランに必要な袋が入ったテントへ向かいます。
ここでラッキーなことに1500以上ある袋のなかに私のゼッケンナンバー『476』だけが横に飛び出して見えているではないか。
探す必要もなくすぐに袋を回収し、すぐシューズを履き替え少しエイドステーションによりT2を出ました。
T2タイムは2分40秒。これは早いと思う。

バイク想定タイムは2時間40分。実際は2時間39分57秒!
スイム、バイクと予定通り。
バイクで749人抜きの全体で306位までジャンプアップ!!

順調なバイクを終えて、トレイルラン!?に入ります。
ラン、フィニッシュは次回に続きます。


今回活躍したトライスーツはHUUBの『DS Long Courseトライスーツ』。
スイムではウェットスーツの下に着てそのままバイク、ランと繋げて使用できます。
バイクでは快適性だけでなく、エアロ効果を実感できます。
パッドも最小限なんですが90Km乗ってもお尻は痛くなりませんでした。
そのままランでもパッドを気にすることなく、通気性が良く快適にゴールできました。
ちなみに私はワンピース派です。お腹が出ると結構冷えてお腹痛くなるんですよね。
HUUB製品はTRIPCYCLEでも取扱いありますのでその際はご相談ください。


バイク:2時間39分57秒(エイジ36位/194人 全体163位/1546人)
T2  :2分40秒
現在順位:エイジ54位 全体306位



このページの先頭に戻る

お問い合わせはこちら