TRIPCYCLE

TRIP CYCLE<STAFFブログ> | 横須賀市三春町のスポーツ自転車専門トレックコンセプトストアー「TRIP CYCLE」クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクはご相談ください!2018モデルエモンダSLおすすめです!!

TREKProfessionalShop
ブログ
2017年12月03日 [WORK DIARY]
【WINTER SALE】
ウィンターセール開始しました!
ウィンターセール
店内2017年モデルの自転車が更に値下げ!処分特価になっています。
人気のロードバイク、軽量カーボンフレーム『EMONDA SL5』や乗り心地、安定性抜群のカーボンフレーム『DOMANE Sシリーズ』、FATBIKE(ファットバイク)『FARLEY(ファーリー)』などなど。

店頭在庫のみです。車種、サイズは数に限りがあります。
詳細は店頭でチェックするか、トリップサイクルまでお問い合わせください。


2017年12月02日 [WORK DIARY]
TREK(トレック)から初めて電動アシスト自転車が発売になります。
実は本国アメリカやヨーロッパでは電動アシスト付きのスポーツバイクはすごいポピュラーで人気もうなぎ上りなんです。
特にヨーロッパではTREKでクロスバイクだけでなくロードバイク、マウンテンバイクを含む20車種以上のEバイク(電動アシスト自転車)が存在します。
しかし日本では法律の問題などで導入が遅れています。
しかしながら需要はあるのでこれから少しずつではありますが日本での展開も増えてくると思います。
今年のTREK WORLD2018(トレック展示会)で実際展示していたのでご紹介。
(参考出品の為日本では未展開モデルです。)
TREK Ebike
TREK Powerfly 9 FS (日本未展開モデル)
フルサスの本格マウンテンバイクに電動アシストが付いています。
見た目もスッキリしていてカッコいいですね。


TREK Ebike
TREK Powerfly 5 (日本未展開モデル)
マウンテンバイクモデル。
バッテリーの収納がスッキリしていますね。


TREK Ebike
TREK Super Commuter+ 8(日本未展開モデル)
街乗りコミューターEバイク。
Eバイクには見えない感じでカッコいいです。
実用的な一台。

どうですか、日本の電動自転車のイメージと全然違いますね。

日本未展開モデルばかり紹介しても仕方ないので、今度発売になる車種をご紹介します。
TREK Ebikeバーブ
TREK VERVE+(バーブプラス) 
メーカー希望価格¥213,000(税抜)
発売時期は2018年1月予定。現在予約受付中です。

バーブプラスはクロスバイクタイプのEバイク。
日本の公道で走れるようにしっかり『型式認定』をとっています。

特徴としてはユニット、バッテリーはスポーツEバイクのノウハウが高い『BOSCH』(ボッシュ)を採用。
ボッシュと言えば工具を思い浮かべる方が多いと思いますが、車の部品や家電用品、工具のバッテリーなど産業技術に置いて先駆者となる大きなメーカーなんです。
それらを集約したのがEバイクなんです。

特徴1 オンボードコンピューター
ボッシュのオンボードコンピューターは大きくて見やすい。
そしてグリップを握りながらも操作できるので安全安心。
trekバーブプラス
走行モードは5つ。
Turbo…高ケイデンスまで最大の出力サポートします。スポーティーに走行する場合に適しています。
Sport…必要なところだけパワフルにサポート。起伏の大きいルートや市街地走行に適しています。
Tour…出力サポートが一定となるため長距離走行に適しています。
Eco…出力は全体的に落ちますが効率が非常によく、バッテリーの持ちも一番良いです。
Off…出力サポートはオフで、自力で漕げます。画面はオフになりません。スピードなど機能は見ることが出来ます。


TurboとSportモードは漕ぎだしの2回転が強めにアシストします。
TourとEcoモードは漕ぎだしはスムーズで自然な感じにアシストします。

ライトスイッチもついています。もちろん電池いらず。
バッテリーが切れてアシストがなくなった状態でもライトは2時間点灯することが可能です。

『推奨シフト機能』(左上の▲マークがでます)もついていて、走行中の適切なギアを教えてくれます。
▲はギアを1段上げてください。▼はギアを1段下げてください。
これは手動です。推奨シフトを守れば燃費も良くなります。
ちなみに推奨シフト機能はいらない方は設定でOFFにもできます。

あと、走行中でもこのオンボードコンピューターにUSBケーブルをつないでスマホ充電もできます。
スマホのナビ機能を使ってルートナビもできて便利ですね。


特徴2 Bosch Active Line Plus(ボッシュアクティブラインプラス)ドライブユニット
ボッシュのドライブユニットは自転車の特性に合わせて、車種1台1台ソフトウェアが違うことです。
もちろんTREK VERVE+には専用のソフトウェアが組み込まれています。
TREK Ebikeバーブ
写真はユニットのカットモデル。
ギアは樹脂製もありますね。クロスバイクのモデルはこれで十分の強度、そして音もすごい静かなんです。
マウンテンバイクなどのモデルにはもっと頑丈で耐久性の高いユニットもあります。
BOSCHには何種類ものユニットがあり車種、用途によって使い分けているのです。
ユニット自体もコンパクトで低重心になるので安定なハンドリング、直進安定性です。
ここが結構ポイントで乗っていて、安定性が良いんです。
少しでも重量バランスが悪いと、ハンドルがとられてフラフラしたり、スピード出すとグラグラしたりするんですがそれが一切ありません。
TREK Ebikeバーブ
私篠原はしっかりBOSCHの講習会にも参加し、ユニットの取り外しはもちろん。コンピューター診断などもお店でできます。
TREK Ebikeバーブ
このようにBOSCHは車種によって最適の装備、ソフトウェアで効率よくそして楽しい電動自転車なんです。


特徴3 バッテリーと充電器
多分一番気になるのはどのくらいの距離走るのか?だと思います。
簡単に言うと最低18Km。最高140Km。※車と同じように乗る人の体重によっても変化します。
最低16Kmはかなり短いですね。これはTurboモードで8%の坂を登り続けた時の話です(笑)
逆に最高140Kmはずっと平地や下りがある時、そしてできるだけ信号が少ない場合です。まぁこれはめったにないですね。
TREK Ebikeバーブ
正式なカタログ値を見てみましょう。(自転車協会が定める電動アシスト自転車の「1充電あたりの走行距離」他メーカーも同じ測定をしています)
Turbo…50Km
Sport…57Km
Tour…65Km
Eco…100Km

数字が表しているようにBOSCHのPowerPackバッテリーは市販品の中でもトップクラスのエネルギー効率です。
これなら三浦半島一周サイクリングもできますね。

約1.5時間で50%充電、3.5時間で満充電となります。
充電器もコンパクトで約800gと軽量なので持ち運びしても苦になりません。泊りでのサイクリングでもいいですね。

バッテリーの寿命は保管状況や使用状況にもよるんですが、3.4日に一回充電して1年で100回充電、5年だと500回になりますがこの状態で平均70%位だそうです。
それを考えれば普通に5年以上は使えそうですね。あくまでも計算上です。
バッテリーを長持ちさせる使い方もあります。ここで書くとすごく長くなるので気になる方は篠原まで聞いてください。基本的にはスマホと一緒です。
ちなみにバッテリーの価格は¥49,260(税抜)。


2018年1月入荷予定です。
サイズは16.5と18.5。
お店で乗れる試乗車も入荷しますので、まずは乗ってみてください!


2017年09月29日 [WORK DIARY]
トリップサイクル篠原です。
TREKトレックの2018モデル『Roscoe8(ロスコ)』マウンテンバイクの予約を開始します。
今回は一度限りの限定受注になりますのでご検討いただいてる方はお早めにお店までお願いします。
TREK Roscoe8ロスコ
フレームはX-CALIBERのフレームに27.5+仕様のハードテールマウンテンバイクになります。

タイヤサイズは27.5×2.8。気軽にどこでも楽しめるマウンテンバイクです。

フロントフォークはRockshox Judy Air Silver 29 120mm。15×110oBoost規格。

リアホイールは141x5mm (Boost 141)。

ドロッパーシートポストも付いてきます。

SRAM NX1×11。

気になる価格は、、、

標準小売価格: 139,000円(税抜)

サイズ:13.5, 15.5, 17.5, 18.5, 19.5, 21.5

カラー: Roarange

受注期限: 10月19日(木)

予定納期: 2018年2月くらい

これだけついてこの価格はお買い得ではないでしょうか。
マウンテンバイク初めての方におすすめの一台です。
何台も持っている方もこれは使えるんではないでしょうか?
詳しくはスタッフまで声をかけてください。

トライアスロンもひとまず終了(練習はします)したので次の定休日には富士見パノラマでダウンヒルしてきます!

PageTop

お問い合わせはこちら